メイン コンテンツをスキップする

RGB - スクリプトおよびチャート関数

RGB() は、赤の成コンポーネント r、緑のコンポーネント g、青のコンポーネント b の 3 つのパラメータで定義された色のカラー コードに対応する整数を返します。これらのコンポーネントは、0〜255 の整数値である必要があります。この関数を数式で使用して、チャート オブジェクトのカラー プロパティを設定または評価できます。

構文:  

RGB (r, g, b)

戻り値データ型: dual

引数:  

引数
引数 説明
r, g, b 赤、緑および青の成分値。成分値は 0 が最小値、255 が最大値になります。
情報メモすべての引数は、0 から 255 の範囲の整数で分解できる数式でなければなりません。

数値コンポーネントと書式が 16 進法で解釈されている場合、色成分の値はより分かりやすくなります。 たとえば、薄緑色の数値は 4 278 255 360 となり、16 進法では FF00FF00 となります。 最初の 2 桁 ‘FF’ (255) は、alpha チャネルを示します。 関数 RGBHSL では、常に ‘FF’ (不透明) です。 次の 2 桁 ‘00’ は red の量、その次の 2 桁 ‘FF’ は green の量、最後の 2 桁 ‘00’ は blue の量を示します.

ビジュアライゼーションでカラー関数を使用する方法の例や、数式による色分けをサポートしているビジュアライゼーションの詳細は、「ビジュアライゼーションを色分けする」を参照してください。

ビジュアライゼーションを色分けする