メイン コンテンツをスキップする
カタログツールの使用によるデータの理解

このページ上

カタログツールの使用によるデータの理解

カタログ ツールを使用すると、セキュリティおよびコンプライアンス基準を守りながら、データの効率性を高めることができます。データ アナリストやビジネス グループにとって、重要なビジネス メタデータにアクセスし、ユーザー定義タグや分類を適用できる機能は極めて重要です。データ管理者は、ビジネス メタデータ (名前、説明、タグ、分類) を割り当て、編集することで、データ コンテンツの正確性を検証してデータ探索を最適化できます。ビジネス インテリジェンス ユーザーおよびアプリ開発者は、個人用タグの設定、分類の適用、データセット サンプルやプロファイル統計の参照により、データセットを簡単に見つけ、適切な情報を含めることができます。

カタログ ツールは、ユーザーが自分の個人用スペースおよび共有スペースでアクセス権を持つ新規および既存のデータセットに対して特に有用です。ユーザーは、データ ファイルを確認すると、そのデータを詳細に分析して判断しやすくなります。ユーザーは、データの出所、データの種類、データの最適な分析および使用方法を確認できます。この情報は、データを使用して新しいアプリを作成するか、それとも既存アプリにデータをロードするかを判断する際に役立ちます。

クラウド ハブでデータ探索をしたりビジネス メタデータを管理したりする際には、以下のカタログオプションを使用できます:

  • データセットの概要:データセットに関するビジネス情報および技術情報を確認できます。詳細には、ソースファイルの種類、スペース、作成と最終更新の日付と時刻、フィールドと行数、作成者と所有者、使用状況の指標、適用されたタグ、一般的なデータ分類が含まれます。完全リストは「データセット メタデータの管理」を参照してください。
  • データのタグ付けによる検索向上: タグはフィルターをかけることができるメタタグで、データの整理および発見に役立ちます。検索可能なタグを関連付けると、関連データ アセットに素早くアクセスして特定しやすくなります。
  • データ プロファイル ビューおよびサンプリング:カタログは、名前、データ タイプ、サンプル値、最も一般的な値、値の頻度、ユニーク値の数などの統計を使用してデータセットをプロファイリングします。ユーザーは、関心のあるプロファイル統計を選択してデータのトレンドや異常を検出できます。項目データのビジュアライゼーションと利用可能なプロファイル統計のリストについては、データのプロファイリング を参照してください。
  • データセット分類:データ ガバナンス基準は、地域や業種によって大きく異なります。ほとんどのデータ処理は、アクセス制限によるデータ保護要件により何らかの影響を受けます。カスタム カテゴリーやセクター固有のカテゴリーを使用してデータセットを識別するために、地域と世界のデータ プライバシーおよび機密性の基準および方針に関してユーザーが設定可能な分類が提供されます。詳しくは「データセット メタデータの管理」を参照してください。
  • データからアプリを作成: Qlik のデータ第一主義アプローチは、データ ファイルをアップロードしてデータを詳細に分析するためのオプションを提供します。これは、生データから分析準備までのワークフローにとって重要な要素です。データからアプリを作成する手順については「データからのアプリの作成 」を参照してください。データ ファイルを既存アプリにアップロードする手順については「アップロード済みのデータ ファイルからのデータの追加」を参照してください。
  • データの系列の表示: アプリとデータセットのアップストリーム原点を示すデータの系列グラフを表示できます。詳細については、「アプリとデータセットの系列の分析」を参照してください。
  • データの影響分析を表示する:  出力を表示し、カタログ内のアプリとデータセットのダウンストリームへの影響を確認します。詳細については、「アプリとデータセットの影響分析の分析」を参照してください。

データ コンテンツの検索: フィルターを使用したカタログの閲覧

フィルターは、データ キュレーターとコンシューマーがシステムで利用可能なすべてのデータを見つけて理解するのに役立ちます。カタログ フィルタリングは、検索精度を向上させてコンテンツの管理と閲覧に費やす時間を削減するように設計されています。

上部のフィルター バーには、次のフィルターがあります。

  • コンテンツ検索:  データセットのタイトルに単語やフレーズなど、検索する用語を入力します。
  • スペース:検索および参照するスペースをフィルタリングします。オプションには、フィルタリングする [スペースを追加] するオプションを備えた個人スペースと共有スペースのリストが含まれます。
  • コンテンツの種類:  次のような 1 つ以上のコンテンツの種類を選択します。チャートアプリデータメモ自動化、 および リンク
  • コンテンツの種類:  次のような 1 つ以上のコンテンツの種類を選択します。[チャート]、[アプリ]、[データ]、[メモ]、[リンク]、[自動化]。
  • すべてのフィルター: [すべてのフィルター] を選択して、左側のサイド パネルを表示します。左側のサイド パネルがアクティブな場合、[すべてのフィルター] ボックスはグレー表示されます。ボックスには、アクティブなフィルターの数が表示されます。
  • 検索結果を、[最近使用]、[最終作成]、[最終変更日]、または [アルファベット順] に並べ替えます。
  • ビューを切り替えるには、Tile タイル ビューのタイル アイコンを選択します または List リストビューのリストアイコンを選択します アイコンを選択します。

[すべてのフィルター]を選択し、追加のフィルターを含む左側のパネルを開きます:

  • スペース:検索および参照するスペースをフィルタリングします。
  • タイプ:  次のような 1 つ以上のコンテンツの種類を選択します。[チャート]、[アプリ]、[データ]、[メモ]、[リンク]、[自動化]。
  • 所有者: コンテンツ所有者でフィルタリングします。オプションは次のとおりです。 誰でもあなた他のユーザーユーザー名
  • 作成者: コンテンツ作成者でフィルタリングします。オプションは次のとおりです。誰でも自分その他
  • タグ: データセットに適用されているユーザー定義のタグを検索します。

カタログの検索と閲覧: フィルタリング

カタログの左側のフィルター