メイン コンテンツをスキップする

自動化の管理

テナント管理者は、Management Console で自動化を管理できます。デフォルトでは自動化は無効に設定されており、テナント管理者のみが有効化できます。

Professional ユーザー割当を受けたユーザーは、自動化を作成できます。自動化の共有、共有スペースまたは管理スペースへの追加はできません。自動化の作成方法の詳細については、「Qlik アプリケーションの自動化」を参照してください。

自動化の有効化

テナント管理者は、 Management Console のすべてのユーザーの自動化機能を有効化することができます。

  1. [構成] > [設定] > [機能の管理] に移動します。

  2. [自動化の有効化] トグルをクリックして、テナントの自動化をオンにします。
    自動化を有効化すると、ユーザーは、ハブで [新規追加] ボタンをクリックして、新しい自動化を作成できます。

The settings section of the management console showing enable automations turned on

自動化に関する情報の表示

テナント管理者は、Management Console の [コンテンツ] > [自動化] ですべての自動化を表示することができます。

The management console showing the automations section under content

自動化は、自動化が有効化されているか無効化されているか、最後の自動化実行時のステータス、自動化実行モードなど、それぞれの自動化についての基本情報が表示される表にリストされます。自動化行の最後にある Arrow down to expand a row をクリックすると、個別の自動化についての詳細情報を確認することができます。この表では、自動化実行履歴、それぞれの実行時のステータス、および実行期間が示されます。

Automations table from the management console with an expanded automation row

個別の自動化の有効化

テナント管理者は、レート制限の超過を防ぐために、自動化を無効化する必要がある場合があります。自動化は、 Management Console の「自動化テーブルの表示」で有効化および無効化できます。ユーザーが自動化を作成すると、デフォルトで有効化されます。

  • 無効化された自動化を有効にするには、該当する自動化の行を選択して、[有効化] をクリックします。

  • 有効化された自動化を無効にするには、該当する自動化の行を選択して、[無効化] をクリックします。
    テナント管理者が自動化を無効化すると、自動化の所有者には、自動化概要ページで「無効化」のステータスが表示されます。

The automation editor overview page showing the disabled status

無効化された自動化は、テナント管理者が Management Console で、もしくは自動化の所有者が、自動化概要ページで有効化することができます。つまり、自動化の所有者による自動化の再有効化については、テナント管理者は防ぐことができません。

自動化の所有者の変更

テナント管理者は、Management Console で自動化の所有者を変更できます。これにより、テナント管理者は、所有者による自動化の再有効化を防ぐことができます。所有者を変更するには、 Three dots to show more options をクリックして、詳細オプション メニューを開き、[所有者の変更] を選択します。

Automations table in the management console showing the change owner option highlighted