メイン コンテンツをスキップする

ユーザー ロールの割り当て

ユーザーロールは、ユーザー割り当てによって付与される一般的な権限を超えて、テナントレベルの一連の権限をユーザーに提供します。ユーザーロールを使用すると、テナント内の特定の役割または機能をユーザーに付与できます。ユーザーに役割を割り当てることができるのはテナント管理者のみで、 管理コンソール から実行した場合に限られます。ユーザーロールはオプションであり、一部またはすべてのユーザーに割り当てる必要はありません。ユーザーの役割がないユーザーの権限は、ユーザー割り当てに基づきます。

情報メモ さまざまなタイプのユーザー割り当てについては ユーザー割り当ての割り当て を、スペースレベルの権限については管理スペースの権限の管理共有スペースの権限の管理を参照してください。詳細については、[Qlik の信頼とセキュリティ] を参照してください。

管理コンソール のユーザー ロール

管理コンソール の [ユーザー] セクションにアクセスできる管理ユーザーは、[すべてのユーザー] タブにアクセスできます。このビューには、テナントに追加または招待されたユーザーのリストが表示されます。3 つのドットを示す UI アイコン をクリックして、ユーザーをアクティブ化または非アクティブ化し、ユーザー ロールを割り当てて編集し、モバイル アクセスが許可されている場合は取り消します。

管理コンソールのユーザー セクションのビュー

ユーザーロールとは

ユーザーロールは、ユーザーの割り当てによってユーザーに付与される権限に加えて、ユーザーに付与される一連の権限です。ユーザーの役割は、管理者の役割とユーザーの役割に分類されます。管理者ロールを持つユーザーには、管理者権限がいくつか付与されます。ユーザーロールがあるユーザーには、リソースの特定の種類を作成するための権限があります。ユーザーにユーザーロールを割り当てることにより、ユーザーとそのテナントで何ができるかをより適切に整理できます。

次の役割を割り当てることができます。

ユーザーの役割
ユーザーロール タイプ 権限 ユーザロールで許可されたアクセス
TenantAdmin 管理者 管理者はテナントのすべての側面を管理するための完全な権限を持ちます。「テナント管理者」を参照してください。 Launcher から 管理コンソール へのアクセス
AnalyticsAdmin 管理者 ガバナンスとコンテンツの一部の領域のみを管理する権限に制限されている管理者。「Analytics 管理者」を参照してください。 Launcher から 管理コンソール へのアクセス
DataAdmin 管理者 データ スペースのみを管理する権限に制限されている管理者。「データ管理者」を参照してください。 Launcher から 管理コンソール へのアクセス
SharedSpaceCreator ユーザー 共有スペースを作成できるユーザー。 ハブ内の [新規追加] ボタンの下にある [スペースを作成] オプション
ManagedSpaceCreator ユーザー 管理スペースを作成できるユーザー。 ハブ内の [新規追加] ボタンの下にある [スペースを作成] オプション
DataSpaceCreator ユーザー [データ スペース] を作成できるユーザー。 ハブ内の [新規追加] ボタンの下にある [スペースを作成] オプション
開発者 ユーザー [API キー] を生成できるユーザー。 [ユーザープロファイル] メニューの [API キー] オプション
情報メモデフォルトでは、Professional ユーザー割り当てのすべてのユーザーは共有スペースを作成できます。テナント管理者は、この設定を 管理コンソール でオフにできます。[設定] > [資格] へ移動し、[Professional の資格は共有スペースを作成できます] オプションを無効にします。Professional の資格の結果として、SharedSpaceCreator ロールを取得したすべてのユーザーは、共有スペースを作成オプションをオンにでき、管理者ユーザーがロールを手動で削除するまで、そのロールを保持することができます。

ユーザーの役割とユーザー割り当ての相互作用のしくみ

テナントに参加するユーザーには、Professional または Analyzer のユーザー割り当てが割り当てられます。詳細については、ユーザー割り当ての割り当て を参照してください。ユーザー割り当ては、ユーザーを消費者とコンテンツ作成者に分類します。また、ユーザー割り当てでは、ユーザーに表示されるテナントの領域も決定します。Analyzer ユーザーは厳密にコンテンツ消費者であり、そのため、[新規追加] ボタンは表示されません。Professional ユーザーは、コンテンツ消費者兼コンテンツ作成者で、[新規追加] ボタンにアクセスできます。これにより、アプリやスペースなどの新規リソースを作成できるようになります。ただし、ユーザーロールはユーザー割り当て権限以外の追加の権限を提供します。たとえば、スペース作成者の役割が割り当てられた Analyzer ユーザーは、[新規追加] ボタンにアクセスしてスペースを作成できます。

情報メモ権限構造を設計するとき、特定のユーザーロールが割り当てられるユーザーには Professional ユーザーアクセス権を付与してください。

ユーザーロールと Data Integration サブスクリプションとの関係

Data Integration サブスクリプションを使用すると、Data Integration ホーム、データ管理者とデータスペース用に特別に設計された役割にアクセスできます。

ユーザーロールの割り当て

ユーザーロールは 管理コンソール でユーザーに割り当てられ、ユーザーロールを割り当てることができるのは TenantAdmin ロールを持つユーザーのみです。

次の手順を実行します。

  1. 管理コンソール で [ユーザー] セクションに移動します。
  2. 次のいずれか:
    1. ユーザー行で 3 つのドット ボタンをクリックします。
    2. ユーザーの横のボックスをチェックします。
  3. [役割の変更] をクリックします。
  4. [ユーザー] タブで、割り当てるユーザーロールを選択します。
  5. [管理者] タブで、割り当てるユーザーロールを選択します。
  6. [保存] をクリックします。
情報メモ ユーザーの役割の割り当て時にユーザーがログイン中の場合、ユーザーの役割を適用するために、該当ユーザーはログアウトしてから再ログインする必要があります。