メイン コンテンツをスキップする

データ接続の管理

テナント管理者、分析管理者、またはデータ管理者の場合、[データ コンテンツ] > [データ接続] の下にある 管理コンソール 内で、データ接続 を管理できます。テナント管理者はすべてのスペースのデータ接続にアクセスでき、分析管理者は共有スペースと管理スペースにのみアクセスでき、データ管理者はデータ スペースにのみアクセスできます。

データ接続

[データ接続] ページには、テナント内のデータ接続が、名前、所有者、スペース、タイプ、更新と作成の日付とともに表示されます。オーナー列には情報アイコン があり、カーソルを合わせると所有者の詳細を表示できます。これは、同じ名前の所有者 2 人を識別するのに役立ちます。

あるデータ接続タイプがサポートされなくなっている場合、そのタイプは [廃止] と表示され、使用できません。

情報メモForts と自動化のデータ接続は、データ接続テーブルにはありません。

データ接続の移動

データ接続を移動したくなる際の典型的な例は、データ接続の所有者が辞めて、他の人をデータ接続の所有者にする必要がある場合です。

データ接続の移動は、そのデータ接続を使うアプリと、アプリのユーザーに影響します。移動後にアプリのユーザーがアプリを引き続き使えるようにすることは重要です。リロードの再作成と、データ接続の資格情報の回復が必要な場合があります。データ接続を移動する際には、あなた (管理者) およびデータ接続の所有者、両方の立場で、移動に関連するスペースに対して必要な権限を持っている必要があります。

次の手順を実行します。

  1. 管理コンソール 内の [データ コンテンツ] > [データ接続] の下で、1 つ以上のデータ接続を選択します。

  2. 右上にある [移動] をクリックします。

  3. 検索ボックスをクリックし、データ接続用のターゲット スペースを選択または検索します。

  4. [移動] をクリックします。

    移動が成功すると、準備完了です。以下のようなメッセージが表示された場合は、残りのステップに進みます。

  5. [スペース] セクションを開き、移動先のターゲット スペースを決めます。

  6. ターゲット スペースのコンテキスト メニューを開き、[メンバーを管理] を選択します。

  7. [メンバー] ページで、[メンバーの追加] を選択します。

  8. 名前をフィルタリングし、ドロップダウン リストから [編集可能] を選択します。

  9. [メンバーの追加] をクリックします。

手順の 1~3 番目を実行することで、データ接続を移動できるはずです。

データ接続を移動する際の所有権

データ接続の所有権で何が起こるかは、データ接続を個人スペースに移動するか、別のスペースに移動するかによって異なります。

データ接続を個人スペースに移動する

データ接続を個人スペースに移動すると、そのスペースのユーザーがデータ接続の新しい所有者になります。データ接続のユーザー定義の資格情報は維持されますが、他の資格情報はリセットされ再認証が必要になります。

データ接続を個人スペースとは別のスペースに移動する

個人スペースではないスペースにデータ接続を移動しても、所有権は変更されません。以前の所有者が引き続き所有者となり、資格情報はそのままになります。ただし、所有者が削除されたデータ接続を移動する場合は常に、データ接続の移動場所に関わらず、移動したユーザーが新しい所有者になります。資格情報がリセットされます。

情報メモデータ接続を他のユーザーの個人スペースに移動することはできません。

データ接続の削除

データ接続を削除すると、そのデータ接続を使うアプリと、アプリのユーザーに影響が出ます。アプリのユーザーが必要な対策を取れるよう、確実に通知することが重要です。

次の手順を実行します。

  1. 管理コンソール 内の [データ コンテンツ] > [データ接続] の下で、1 つ以上のデータ接続を選択します。
  2. 右上の、[削除] をクリックします。
  3. [データ接続の削除] ウィンドウ内で、削除を承認します。
  4. [削除] をクリックします。
ヒント メモコンテキスト メニューを使って単一のデータ接続を削除することもできます。