メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

Microsoft Excel 用の Qlik アドインの展開とインストール

Microsoft Excel 用の Qlik アドインを展開してインストールすると、組織内のユーザーがレポート テンプレートを作成できるようになります。アドインで作成したレポート テンプレートを Qlik Cloud アプリにアップロードし、レポート タスクからレポート出力を生成します。

Qlik アドインは、Microsoft 365 内の互換性のある Web バージョンとデスクトップ バージョンの Microsoft Excel に展開してインストールできます。

アドインはマニフェスト ファイルを使用してインストールされます。このマニフェスト ファイルは、Microsoft 365 管理者 (特定のインストール方法ではユーザー) が自分自身または組織内のユーザーにアドインを展開してインストールするために必要です。 マニフェスト ファイルを使用すると、単一のQlik Cloud テナントにアドインをインストールできます。

情報メモマニフェスト ファイルとリンクを生成するには、OAuth クライアント構成が必要です。手順については、アドイン マニフェストの準備と取得 を参照してください。

マニフェスト ファイルまたは URL を取得した後、次の 2 つの異なる方法でアドインを展開およびインストールできます。

Qlik Web バージョンで表示されるアドイン ボタン Microsoft Excel

アドインがアクティブ化されたことを示す Qlik アドイン アイコンを表示する Microsoft Excel のリボン バー

システムとソフトウェアの要件

Qlik アドインをインストールするには、次の要件を満たす必要があります。

Windows

  • Windows 10 v.1903 以上

  • Microsoft Office 365 v.16.0.11629 以上

macOS

  • macOS v.14 以上

  • Microsoft Office 365 v.16.83 以上

Microsoft Excel バージョン要件

Qlik アドインを実行するには、ExcelAPI 1.9 以降を備えた Microsoft Excel がインストールされている必要があります。Excel のインストールが準拠しているかどうかを確認するには、Microsoft の公式ドキュメントの Excel JavaScript API の要件セットを参照してください。

ExcelAPI のバージョンが要件を満たしていない場合、Qlik アドインには新しいバージョンの Microsoft Excel が必要であることを示すエラーが表示されます。

アドインをインストール中に表示されるエラー メッセージの例

Qlik Excel アドインのインストール中に、ユーザーの Microsoft Excel のバージョンが古すぎてアドインをサポートしていないことを示すエラー メッセージ

エラーを確認するには、Microsoft Excel の右側の白い領域をクリックし、F5 キーを押してページを更新する必要がある場合があります。

このエラーが表示された場合は、Microsoft Excel のインストールをアップグレードしてください。

アドイン マニフェストの準備と取得

Qlik Excel アドインは、マニフェスト ファイルを使用して Microsoft 環境にインストールされます。これは XML ファイルです。一元的な展開の場合、マニフェスト ファイルへの URL は Microsoft 管理者から提供される必要があります。

マニフェスト ファイルは単一のQlik Cloud テナントに固有です。

アドインをインストールするには、OAuth クライアントを構成する必要があります。OAuth クライアントを構成したら、Qlik Cloud 管理コンソール からマニフェスト ファイルのリンクとマニフェスト ファイルを取得します。

  1. 必要な構成を使用して、Qlik Cloud テナントに OAuth クライアントを作成します。詳細な手順については、「Microsoft Excel 用 Qlik アドインの OAuth クライアントの作成」を参照してください。

  2. 管理コンソール に移動し、マニフェスト リンクを生成します。別のユース ケース用にマニフェスト ファイルを直接ダウンロードすることもできます。「Microsoft Excel 用 Qlik アドインのインストール マニフェストの管理」を参照してください。

Microsoft ExcelQlik アドインの OAuth クライアントの作成

Microsoft Excel 用の Qlik アドインをインストールするには、OAuth クライアント構成が必要です。このアドインは、レポート開発者が、Qlik Sense アプリからの表形式レポートの出力を制御するレポート テンプレートを準備するために使用されます。

アドインで OAuth が機能するには、OAuth クライアントを以下に示すように正確に構成する必要があります。

次の手順を実行します。

  1. Qlik Cloud管理コンソール で、OAuth に移動します。

  2. [新規作成] をクリックします。

  3. [クライアント タイプ] ドロップダウン メニューで、 [単一ページ アプリ] を選択します。その他の項目が表示されます。

  4. [名前] を入力します。[説明] はオプションです。

  5. 少なくとも、user_default スコープを含めるチェックボックスをオンにします。構成に他のスコープを含めることはできますが、user_default がないとインストールは機能しません。

    使用可能な各スコープの詳細については、「OAuth クライアントの作成」を参照してください。

  6. [リダイレクト URL の追加] 項目に、テナントの URL を入力し、その後に固定文字列: /office-add-ins/oAuthLoginSuccess.html を入力します。

    結果は次のようになります: https://YourServer/office-add-ins/oAuthLoginSuccess.html

  7. [追加] をクリックします。

  8. [許可されているオリジンの追加] 項目にテナント URL を入力し、 [追加] をクリックします。

  9. [作成] をクリックします。

  10. [クライアント ID をコピー] ウィンドウが表示されます。クライアント ID をクリップボードにコピーするか、 [完了] をクリックしてウィンドウを閉じます。

OAuth クライアントを作成した後、管理コンソール から更新されたマニフェスト XML ファイルへのリンクを取得します。[設定] ページに移動し、管理コンソール 内の [共有とレポート] > [Excel アドイン] に移動します。このリンクを使用して、アドインを展開およびインストールします。

一元的な展開、インストール、アクティブ化

Qlik アドインは、一元的な展開とインストールで使用できるようにすることをお勧めします。一元的な展開には、組織内の Microsoft 365 管理者の介入が必要です。

一元的な展開では、アドイン マニフェストが組織の Microsoft 365 管理センターにロードされ、事前構成されたインストールとしてユーザーに配布されます。配布を特定のセキュリティ グループのメンバーに制限できます。

次の場合には、一元的な展開を使用してください。

  • 組織のメンバーに対して、アドインを永続的にインストールする場合

  • 組織メンバーへの配布を管理する場合

警告メモMicrosoft Excel 用の Qlik アドインの展開は、Qlik Cloud テナントへのアクセスには関連付けられていません。Qlik Cloud へのアクセス権を持たないユーザーにアドインを配布すると、そのユーザーはアドインを表示および起動できるようになります。ただし、アドインはユーザーに Qlik Cloud へのログインを要求します。ログインに成功しないと、機能はブロックされます。

完全なワークフローについては、以下の手順のセクションに従ってください。

一元的な展開とインストール

一元的な展開は、Microsoft 365 システム管理者によって完了されます。

  1. OAuth クライアントを作成した後、アドイン マニフェスト ファイルまたはマニフェスト URL を取得します。「アドイン マニフェストの準備と取得」を参照してください。

  2. Microsoft の公式ドキュメント「Office アドインを展開し、発行する」に従ってアドインを配布します。一元的な展開による配布は、Microsoft 365 管理センターを使用する場合にのみ可能であることに注意してください。

上記の手順により、アクセス権を与えられたユーザーに対してアドインがインストールされます。その後、ユーザーは Microsoft Excel バージョンでアドインをアクティブ化します。

一元的な展開後のアドインのアクティブ化

Microsoft 管理者が組織に Qlik アドインをインストールした後、アクセス権が付与されている場合はアクティブ化して使用できます。

Microsoft Excel のバージョンに応じて、これらのステップがわずかに異なる場合があります。詳細については、Microsoft の公式ドキュメントを参照してください。

  1. Excel のデスクトップまたは Web バージョンを開きます。

  2. [ホーム] > [アドイン] > [Get Add-ins] (アドインを取得) に移動します。

  3. ダイアログの [ADMIN MANAGED] (管理者管理) タブで、Qlik アドインを選択します。

Qlik アドイン アイコンがリボン バーに追加されます。

Microsoft 365 プログラムのアドインの表示、管理、インストール

アドインの削除

インストールで一元的な展開が使用されている場合、アドインをアンインストールできない可能性があります。これは、Microsoft 365 管理者が使用するポリシーに応じて異なります。

サイドローディングまたはネットワーク共有を使用したアドインのインストール

サイドローディングとネットワーク共有インストールは、テストまたは試用目的でアドインへのアクセスを迅速に取得するのに適した方法です。これらの方法は、運用環境やエンタープライズ規模のユース ケースにアドインを展開するには適していません。

警告メモマニフェストのダウンロードとアドインのサイドローディングに制限はありません。Qlik Cloud にアクセスできない場合でも、マニフェストをインストールできます。ただし、アドインを挿入すると、すぐに Qlik Cloud にログインするよう求められます。ログインしていない場合、アドインは機能しません。

Excel のバージョンやその他の要因によっては、これらのメソッドで読み込まれたアドインが最終的にリボン バーから削除される可能性があります。この問題が発生した場合は、マニフェストを Excel に再アップロードします。

オプション 1: Web 上でのアドインのサイドロード

Web 上で Excel 365 を使用してアドインをサイドロードするには、ユーザーがマニフェスト ファイルをブラウザにアップロードします。

サイドローディングは、Microsoft 365 が提供する Excel の Web バージョンでサポートされています。

次の場合にサイドローディングを使用してください。

  • アドインに迅速にアクセスする必要がある場合。

  • アドイン機能を単独でテストする場合。

  • Microsoft 365 管理者の介入を必要とせずにアドインをテストする場合。

  1. マニフェスト ファイルを準備してダウンロードします。「アドイン マニフェストの準備と取得」を参照してください。

  2. https://office.live.com/ の Web サイトから Microsoft Office を開きます。

  3. 新しい Excel ドキュメントを開きます。

  4. リボンの [挿入] タブを開き、 [アドイン] セクションで [Office アドイン] を選択します。

  5. [Office アドイン] ダイアログで、 [マイ アドイン] タブを選択し、 [マイ アドインの管理]、 [マイ アドインのアップロード] の順に選択します。

  6. アドイン マニフェスト ファイルを参照して、 [アップロード] を選択します。

  7. 必要に応じて、Qlik Cloud アカウントにサイン インします。

サイドロードされたアドインの削除

サイドロードされたアドインを削除するには、アドインを使用している Web ブラウザのキャッシュをクリアします。

オプション 2: Windows ネットワーク共有を使用して、デスクトップ バージョンの Excel にアドインをインストールする

一元的な展開を行わずに Excel のデスクトップ バージョンにアドインをインストールするには、ネットワーク共有を設定し、そこにマニフェストをロードします。これは、Windows オペレーティング システムでのみ実行できます。

ネットワーク共有経由でアドインをサイドロードするには、以下のガイドラインに従います。この手順は、Microsoft の公式ドキュメントから抜粋したものです。詳細については、「ネットワーク共有からテストするための Office アドインをサイドロードする」またはその他の Microsoft リソースを参照してください。

ステップ 1: フォルダーの作成と共有

  1. Qlik アドインをホストするフォルダーを作成します。例: C:\Qlik Excel add-in

  2. Windows ファイル エクスプローラーで、共有フォルダー カタログとして使用するフォルダーの親フォルダーまたはドライブ文字に移動します。例: C:\

  3. フォルダーを右クリックして、 [プロパティ] を選択します。

  4. [共有] タブを開き、 [共有...] ボタンをクリックします。

    [共有...] ボタン

    Windows ネットワーク共有を構成するときのダイアログの [共有...] ボタン
  5. ダイアログ ウィンドウで、自分自身と、アドインを共有する他のユーザーやグループを追加します。フォルダーに対する、読み取り/書き込み以上の権限が必要です。共有する相手の選択が完了したら、 [共有] をクリックします。

  6. フォルダーが共有されたことを確認したら、フォルダー名の直後に表示される完全なネットワーク パスを書き留めます。[完了] をクリックしてダイアログ ウィンドウを閉じます。

    フォルダーが正常に共有されたことの確認と完全なネットワーク パス

    フォルダーが正常に共有されたことを示すネットワーク アクセス ダイアログの確認と完全なネットワーク パス
  7. [閉じる] をクリックして、 [プロパティ] ダイアログ ウィンドウを閉じます。

ステップ 2: 共有フォルダーを信頼できるカタログとして手動で構成する

  1. 1.Excel のデスクトップ バージョンで新しい空のワークブックを開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックして、左下隅の [オプション] をクリックします。

  3. [トラスト センター] をクリックして、 [トラスト センターの設定...] ボタンをクリックします。

    [トラスト センターの設定...] ボタン

    Microsoft Excel オプションの [トラスト センターの設定...] ボタン
  4. [信頼されているアドイン カタログ] をクリックします。

    [信頼されているアドイン カタログ] タブ

    Microsoft Excel トラスト センターの [信頼されているアドイン カタログ] ボタン
  5. [カタログ URL] ボックスに、以前に共有したフォルダーへの完全なネットワーク パスを入力します。

  6. [カタログの追加] をクリックします。

  7. 新しく追加した項目の [メニューに表示] チェックボックスをオンにし、 [OK] をクリックして [トラスト センター] ダイアログ ウィンドウを閉じます。

    新しく追加されたカタログ パスを含む、 [トラスト センター] ダイアログの [信頼されているアドイン カタログ] タブ

    新しく追加されたカタログ パスを含む、 [トラスト センター] ダイアログの [信頼されているアドイン カタログ] タブ
  8. [OK] をクリックしてダイアログ ウィンドウを閉じます。

  9. Excel を閉じてから再度開くと、変更が反映されます。

ステップ 3: アドインのサイドロード

  1. アドイン マニフェスト XML ファイルを共有フォルダーに追加します。

  2. Excel で、リボンの [挿入] タブの [マイ アドイン] をクリックします。

  3. [Office アドイン] ダイアログ ボックスの上部にある [共有フォルダー] をクリックします。

  4. [Qlik] を選択してアドインを挿入します。

  5. Qlik が新しいウィンドウを表示しようとしています」のようなダイアログ ウィンドウが表示される場合があります。[許可] をクリックします。

ネットワーク共有を介してインストールされたアドインの削除

  1. Excel が開いている場合は閉じてください。

  2. %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Office\16.0\Wef\ のフォルダーの内容を削除します。

オプション 3: macOSExcel のデスクトップ バージョンにアドインをサイドロードします。

macOS の場合、アドインは Microsoft 365Excel のデスクトップ バージョンにインストールできます。システムとソフトウェアの要件に関しては、「システムとソフトウェアの要件」を参照してください。

詳しい手順については、Microsoft の公式ドキュメントを参照してください: MacOffice にアドインをサイドロード

  1. コンピュータで検出アプリケーションを開きます。

  2. 次のキーボードの組み合わせを入力してください: Command+Shift+G

    フォルダーに移動メニューが開きます。

  3. 次のパスを入力します。

    /Users/<username>/Library/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Documents/wef

    wef フォルダーがコンピューターにまだ存在していない可能性があります。その場合は、この場所に作成します。

  4. wef フォルダーに XML マニフェスト ファイルのコピーを追加します。

  5. Microsoft Excel を開きます。すでに開いている場合は、再起動する必要があります。

  6. リボン バーで、[ホーム] > [アドイン] に移動します。

  7. Qlik アドインを選択します。

これで、Qlik アドインがリボン バーで使用できるようになります。

macOSExcel のデスクトップ バージョンからサイドロードされたアドインを削除

Qlik アドインを削除するには、コンピューター上の Office キャッシュをクリアする必要があります。詳細については、次を参照してください

複数の Qlik アドインを Microsoft Excel に追加する

追加された各 Qlik アドインにより、単一のQlik Cloud テナントに対してアドインが使用できます。複数のテナントを操作するには、個々のテナントごとにアドイン マニフェストを展開する必要があります。一元化された展開は 1 つの Qlik Cloud テナントに対してのみサポートされます。

Microsoft Excel のバージョンと使用しているブラウザによっては、複数のアドインがロードされた場合、リボン バーに各アドインのアイコンが表示されるか、最新の展開済みインスタンスを保持するアイコンが 1 つだけ表示されます。

  1. Microsoft 365 管理センターを使用してアドインを一元的に展開している場合は、推奨されるワークフローを使用して最大 1 つの Qlik Cloud テナントにアドインをインストールします。「一元的な展開、インストール、アクティブ化」を参照してください。

  2. 残りのテナントについては、サイドローディングを使用してアドインをインストールおよび展開します。「サイドローディングまたはネットワーク共有を使用したアドインのインストール」を参照してください。

いずれかのテナント アドインがリボン バーに表示されない場合は、その特定のテナントに対してインストール手順を繰り返し、ブラウザ ページを更新します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。