メイン コンテンツをスキップする

制御文をコントロールする

チャートデータを変更する場合、いくつかのステートメントで構成される Qlik Sense スクリプトのサブセットを使用します。ステートメントは、正規のスクリプト ステートメントまたはスクリプト制御ステートメントのどちらかになります。

通常、制御ステートメントはスクリプト実行の流れを制御するために使用されます。制御ステートメントの各節は 1 スクリプト行に収める必要があり、セミコロンまたは改行コードで終了する必要があります。

プレフィックスは制御文に適用されることはありません。

スクリプトのキーワードは、いずれも小文字と大文字の組み合わせが可能です。

各関数のドロップダウンを使用すると、その関数の簡単な説明や構文を確認できます。詳細を表示するには、構文の説明にある関数名をクリックします。