メイン コンテンツをスキップする

動作の構成

次に、動作を作成します。動作を使用すると、メジャー グループの使用方法についてカスタムの個別スコープを設定できます。

動作を使用すると、次のことができます。

  • メジャー グループを持つ項目から必要な値の選択を強制します。

  • メジャー グループで使用するグループを設定します。

  • メジャー グループで使用したくないグループを設定します。

  • メジャー グループで既定で使用されるカレンダー期間を設定します。

動作はオプションです。

なぜ動作を構成するのですか?

パッケージと同様に、動作はグループを一緒に使用する方法の範囲を設定するのに役立ちます。動作を使用すると、個々のメジャー グループを他のグループで使用する方法の範囲を狭めることができます。

例えば、[シート] の [売上] グループから項目を検索すると、[粗利益] のメジャーの結果が常に集計されます。より最近の期間を適用した方が便利です。既定でカレンダー期間の 1 つを使用する動作を作成できます。

既定のカレンダー期間の動作の作成

  1. [動作を作成] をクリックします。

  2. [適用先] で、[売上] を選択します。

  3. [動作タイプ] で、[既定のカレンダー期間] を選択します。

  4. [カレンダー グループ] で、[売上_注文日] を選択します。

  5. [期間] で、[月の比較] を選択します。

  6. [作成] をクリックします。

結果

[シート] に移動し、従業員の平均売上高を検索します。The matching results now displays a bar chart that compares this month's sales for each employee to the sales from the same month last year. For charts that do not support comparisons, only the results for the current month are shown.

Insight Advisor既定のカレンダー期間を使用した分析

An Insights chart displaying a bar chart that shows the average Sales by Employee name. A default calendar period has been applied, comparing 2020 sales for June to 2019 sales for this June

Configure a behavior to use a default calendar period for Period over period analysis

You can also set a default calendar period behavior for a group that is applied to Period over period analysis.Period over period analysis type uses a Line chart to compare a measure over the current period versus the previous period. 論理モデルのメジャーを含むグループに既定のカレンダー期間を設定する必要があります。

First, create a Quarter over quarter calendar period.

  1. [カレンダー期間を作成] をクリックします。

  2. [売上_受注日] を選択します。

  3. [カレンダー期間名] に、[四半期比較] を入力します。

  4. [カレンダー期間の粒度] で、[四半期の年] を選択します。

  5. [最後にソートされた値を使用] を選択します。

  6. [作成] をクリックします。

Now in the Behaviors tab, set this calendar period as the default for the group Sales.

  1. 動作を作成をクリックします。

  2. [適用先] で、[売上] を選択します。

  3. [動作タイプ] で、[既定のカレンダー期間] を選択します。

  4. [カレンダー グループ] で、[売上_注文日] を選択します。

  5. Under Period, select Quarter over quarter.

  6. [作成] をクリックします。

Navigate to Discovery and search on show me sales. The first chart that appears below the KPI is a Period over period analysis . Open this chart (sum (Sales) for 2020-Q4 vs 2020-Q3) and navigate to the property Analysis period. Select it and note that the default calendar period Quarter over quarter was correctly selected to compare the most recent period to the previous period. In this tutorial those periods are 2020-Q3 (Period 1) and 2020-Q4 (Period 2). These selections can be changed by selecting different quarters from the drop-downs. 基準線は、現在のカレンダー期間の粒度 (この場合は四半期) の現在の日を示します。

[折れ線グラフ] に適用される期間分析

Period over period analysis compares a measure over the current period versus the previous period. A line chart shows the comparison of the sum of sales for 2020 Q4 versus 2020 Q3.

この既定のカレンダー期間は、[分析期間] で変更できます。