メイン コンテンツをスキップする

カレンダー期間の構成

カレンダー期間は、カレンダー グループを使用して、Insight Advisor で分析するための既定の期間を作成します。

カレンダー期間は、Insight Advisor 分析で分析する期間を定義するために使用されます。カレンダー グループからカレンダー期間を作成します。データに応じて、ビジネスロジックが自動的にカレンダー期間をデータモデルから作成する場合があります。[カレンダー期間] に移動すると、カレンダー期間がすでに作成されていることを確認することができます。カレンダー期間は相対的であり、現在の日付を基準とする期間をカバーします。例えば、現在の月をカバーする相対期間を作成できます。カレンダー期間では、データに最後に記録された値を使用することもできます。たとえば、ビジネスロジックをアクティブにした際に作成された 3 つのカレンダー期間はすべて、最後に記録された値を使用して、前年、前月、および前四半期のカレンダー期間を作成します。アプリ ユーザーは、[シート] の Insight Advisor 分析にカレンダー期間を適用できます。

動作のグループの既定のカレンダー期間を定義することもできます。これにより、既定で、Insight Advisor はそのグループの項目のチャートを作成するときにそのカレンダー期間を使用するようになります。

なぜカレンダー期間を定義するのですか?

カレンダー期間は、データの特定の分析期間を作成するので便利です。Insight Advisor に 2020 年12 月などの指定された時間枠がない場合、利用可能なデータ全体が使用されます。カレンダー期間を指定すると、アプリ ユーザーは特定の期間のデータをより簡単に表示および比較できます。

例えば、製品ごとの売上を表示するとします。[シート] に移動し、「製品別の売上を表示」と検索します。 前月と比較した今月のデータや、前四半期と比較した現四半期のデータなど、特定の売上期間を表示する場合は、新しいクエリを入力する必要があります。カレンダー期間を作成することにより、新しいクエリを作成せずに、クエリのこれらの期間を表示できます。ビジネスロジックには、最後に記録されたデータにある前月、前四半期および前年の値のカレンダー期間が既に作成されています。ただし、基準期間はありません。前年の同じ月と当月の比較を作成することが出来ます。また、現在の四半期 (x) と2つ前の四半期 (x-2) を比較を作成することもできます。

月比較カレンダー期間の作成

このカレンダー期間には、データの直近の月の結果が表示され、それを昨年の同じ月と比較されます。

  1. [カレンダー期間を作成] をクリックします。

  2. [売上_受注日] を選択します。

  3. [カレンダー期間名] に、[月比較] を入力します。

  4. [カレンダー期間粒度] で、[] を選択します。

  5. [期間比較] で、[前年比] を選択します。

  6. [最後の完了期間] を選択します。

  7. [作成] をクリックします。

四半期比較カレンダー期間の作成

このカレンダー期間には、現在の四半期 (x) の結果が表示され、それを 2 つ前の四半期 (x-2) と比較されます。

  1. [カレンダー期間を作成] をクリックします。

  2. [売上_受注日] を選択します。

  3. [カレンダー期間名] に、[四半期比較] を入力します。

  4. [カレンダー期間の粒度] で、[四半期の年] を選択します。

  5. [カスタム] をクリックします。
  6. [オフセット] で、0を選択します。

  7. [オフセットを比較] で、2 を選択します。

  8. [作成] をクリックします。

結果

[シート] に移動し、「製品別の売上を表示」と検索します。 一致する結果を選択します。[分析プロパティ] には、利用可能な新しいプロパティ、[分析期間] があります。 それを選択し、[月比較] を選択して、期間をチャートに適用します。

チャートに適用される月比較カレンダー期間
月比較カレンダー期間が適用される Insights チャート。

次に、[四半期比較] のカレンダー期間を適用します。

チャートに適用される四半期比較カレンダー期間 

四半期比較カレンダー期間が適用される Insights チャート。

また、 期間 1期間 2 の値を変更して、Insight Advisor の個々のチャートの分析期間の期間を手動で調整することもできます。例えば、期間 1 では、値を 2019-Q2 に変更します。新たに定義された期間でチャートが更新されます。

チャートに適用される四半期比較カレンダー期間は、現在 2019-Q2 および 2021-Q2 が使用されています。

四半期比較カレンダー期間が適用される Insights チャート。

カレンダー期間が使用可能な場合、Insight Advisor では追加の分析タイプが使用可能です: 期間変更、期間変更 (詳細)、前の期間 対 現在の期間。 これにより、期間と変更を分析するためのチャート群が提供されます。

[分析期間] にある [分析を調べる] をクリックします。2 つの分析を選択できます。まず、[期間での変化] を選択します。期間での変更には、2 つの期間中における sum(Sales) 差異の変化の KPI と棒グラフが表示されます。軸の数が少ない場合は、棒グラフの代わりに分散ウォーターフォール グラフが表示されます。

期間変更分析

期間変更分析のスクリーンショット。

[閉じる] をクリックし、スクロールして棒グラフに戻ります。[分析を調べる] をクリックし、次に [詳細期間分析] を選択します。これにより、ターゲットに対する期間のパフォーマンスが提供されます。この期間に目標が達成されたかどうかを測定する 4 つのチャートが表示されます。パラメータを調節して、分析プロパティで、目標を達成したもの、目標をほぼ達成したもの、目標を達成しなかったものを定義することができます。

ターゲット分析に対する期間のパフォーマンス

製品名ごとの総売上高のターゲット分析に対する期間のパフォーマンス。

[パラメーター] で、ターゲットを逃す制限を 100 に調整し、ターゲットを満たすための制限を 105 に調整します。新しいターゲットの詳細な期間分析が更新されます。

ターゲット分析に対する更新された期間のパフォーマンス

ターゲット分析に対する更新されたパフォーマンスは、しきい値 100 のターゲット未達成と、しきい値 105 のターゲット達成の更新されたテーブルを示しています。

ご覧のとおり、カレンダー期間を使用すると、アプリ ユーザーは Insight Advisor に関心のあるさまざまな期間をすばやく表示できます。