メイン コンテンツをスキップする

Insight Advisor の語彙の作成

このページ上

Insight Advisor の語彙の作成

Insight Advisor の語彙を作成できます。これによって、Insight Advisor のシノニムを定義し、特定の用語で使用する分析を定義できます。

語彙は、[準備] タブにある [ビジネスロジック] の [語彙] で作成します。語彙を使用すると、自然言語クエリの精度が向上します。たとえば、以下の目的で語彙を使用できます:

  • 項目、マスターアイテム、および値の代替名の追加。

  • コード化された値の名前の定義

  • 特定の用語またはクエリーで使用する Insight Advisor 分析タイプを定義します。

語彙は、次の 2 種類の語彙をサポートします。

制限事項

語彙には次の制限があります。

  • 語彙は、Associative Insights ではサポートされていません。

  • 語彙は、日付として分類された項目の用語の作成をサポートしていません。

  • 以下の語句は、 Qlik Sense で使用される予約語であり、語彙として使用できません。

    • アプリ

    • アプリケーション

    • Dim

    • メジャー

    • Msr

  • Insight Advisor では、語彙の用語の語彙化または語幹化は行われません。たとえば、用語が「open」である場合、「opened」または「opening」を使用したクエリは、「open」として入力されたものであるとは取り扱われません。同様に、用語が「opened」である場合、「open」および「opening」はその用語として認識されません。

  • 語彙の用語が項目値としても存在し、クエリにその値と共有用語を含む項目が含まれている場合、インサイト アドバイザーは、その語彙の用語を使用せず、クエリをその項目を含むクエリとして処理して、その項目値を使用します。