メイン コンテンツをスキップする

ビジネス ロジックを使用した Insight Advisor の論理モデルの構築

Insight Advisor は、学習された参照元に基づいた論理モデルを使用して、どの項目が洞察の対象となるかを判断します。ビジネス ロジックで、アプリに独自の論理モデルを定義できます。

Insight Advisor はデータ モデル内の項目の関係と使用を理解するために、Qlik cognitive engine と学習された参照元に依存しています。必要に応じて、論理モデルをカスタマイズして、Insight Advisor の結果を改善できます。[準備] タブの [ビジネスロジック] で、論理モデルをカスタマイズできます。

注:

アプリでビジネス ロジックが有効になっている場合、参照元機械学習はアプリで無効になります。

論理モデルの理解

アプリの論理モデルは、Insight Advisor がビジュアライゼーションを生成するときに使用する概念モデルです。アプリの基礎となるデータ モデルから構築されます。各アプリは単一の論理モデルを持っています。項目とマスター アイテムは、論理モデルのコア コンポーネントです。それらはグループに編成されています。グループは、項目またはマスター アイテム間の概念的な関連付けまたは関係を示します。論理モデルには、グループ間の関係についての情報も含まれています。

論理モデルは、Insight Advisor の機能に直接影響します。たとえば、ユーザーがトレンド分析を表示する項目を選択すると、Insight Advisor はプライマリ カレンダー グループの一部である日付項目を見つけようとします。項目が [売上高] の場合、Insight Advisor は [注文日] などの項目を [従業員の生年月日] 項目よりも優先します。

ビジネス ロジックは、システムが自然言語クエリの項目を選択する方法にも影響します。例えば、[製品名] と[製品コード] の項目は 1 つのグループとしてグループ化されます。「製品別売上高を表示」がクエリで使用されている場合、[製品名] はグループに適しているため、「製品」に使用されます。

ビジネス ロジックに使用されるデフォルトの論理モデルは、スター スキーマです。ビジネス ロジックを使用すると、スター スキーマが最適でない場合に、アプリのさまざまなモデリングを構築できます。ビジネス ロジックは、準加法メジャーまたは非常に大きなメジャー テーブルを含む論理モデルでの集計の制約にも役立ちます。これにより、Insight Advisor でのアプリ データの探索が改善されます。

論理モデルのカスタマイズ

アプリの論理モデルをカスタマイズするために、論理モデルは次のセクションに分かれています。

  • 概要:概要には、ビジネス ロジックの概要が表示されます。[項目とグループ]、[パッケージ]、[階層]、または[動作] のカードをクリックすると、対応するセクションが開きます。
  • 項目とグループ:   [項目と グループ] を使用すると、論理モデルで項目とマスター アイテムが属するグループを定義できます。
  • パッケージ:  パッケージを使用すると、関連するグループのコレクションを作成できます。これにより、同じパッケージ内にないグループが一緒に使用されるのを防ぐことができます。
  • 階層:階層を使用すると、グループ間のドリルダウン関係を定義できます。
  • 動作:動作を使用すると、項目間の優先関係または拒否関係を指定できます。動作は、必要な選択を強制することもできます。
  • カレンダー期間:カレンダ期間を使用すると、Insight Advisor の既定の分析期間を作成できます。

論理モデルをカスタイマイズするには、以下を実施します。

  1. アプリのビジネス ロジックのカスタマイズを有効にします。
  2. 項目とグループを定義します。

    項目とグループの定義

  3. 任意でグループをパッケージに追加します。

    パッケージを使用した論理モデル範囲の設定

  4. 任意でグループ間の階層を定義します

    階層を使用したドリルダウン分析の作成

  5. 任意で動作を適用します。

    論理モデルへの動作の適用

  6. オプションで、カレンダー期間を作成します。

    カレンダー期間を使用した分析期間の定義

論理モデルを既定値にリセットできます。一時的にビジネス ロジックを無効にすることもできます。

カスタム ビジネス ロジックの有効化

  1. アプリで、[準備] をクリックし、[論理モデル] を選択します。
  2. 続行]をクリックします。

これで、カスタム ビジネス ロジックがアプリで有効になります。参照元機械学習は無効になりました。

ビジネス ロジックのリセット

論理モデルをデフォルトのモデルにリセットできます。リセットすると、カスタム ビジネス ロジックが無効になり、Insight Advisor で参照元機械学習が可能になります。

  1. [論理モデル] で、[既定値にリセット] をクリックします。
  2. [確認] をクリックします。

ビジネス ロジックの無効化

カスタム論理モデルを無効化できます。ビジネス ロジックのリセットとは異なり、カスタム ビジネス ロジックは後で再び有効にすることができます。ビジネス ロジックが無効になっている間は、アプリの既定のビジネス ロジックが使用されます。

  1. [論理モデル] で、[ロジックを無効化] をクリックします。
  2. [確認] をクリックします。