メイン コンテンツをスキップする
Insight Advisor へのカスタム分析の追加

このページ上

Insight Advisor へのカスタム分析の追加

特定の用語に使用する特定の分析を定義できます。これにより、ユーザーが Insight Advisor で受け取る分析をコントロールしたり、好みの分析を作成することができます。

カスタム分析によって、特定の条件に対する応答を定義し、Insight Advisorが返す分析を制御できます。カスタム分析には複数の用語を定義できます。また、カスタム分析では、異なる言語で異なる用語を定義することもできます。

情報メモ

Qlik Sense は英語、フランス語、ロシア語、スペイン語の語彙に対応しています。

カスタム分析

カスタム分析を作成するとき、用語を分析に追加して分析タイプを選択します。その後、デフォルトの軸またはメジャーを指定できます。デフォルト値が設定されていない場合、Insight Advisor はクエリに基づいた分析に使用する適切な軸またはメジャーを決定します。

オプションで、分析タイプに制約を設定して、スコープを制限することができます。例えば、ある特定の測定値を超える値のみを分析に含めることができます。

情報メモ項目の条件の可用性は、項目の値によって異なります。

分析タイプに応じて、分析タイプで使用可能なグラフタイプから、分析で使用するチャートの種類を任意で選択することができます。チャートの種類を選択した場合、選択したデータに別のチャートがより適切であると判断されない限り、カスタム分析ではそのチャートの種類が常に使用されます。クエリに対してより適切なチャートが存在する場合でも、そのチャート タイプが使用されるようにチャートを適用することを選択できます。たとえば、円グラフを適用できます。 200個の個別の値を含む次元を検索に使用した場合、そのデータに適していなくても、円グラフが使用されます。また、分析の種類に応じて、グラフの並べ替えオプションを設定したり、表示される値の数に制限を適用することもできます。

分析タイプ

次の表は、カスタム解析を行う際に使用できる解析タイプの概要です。一部の分析では、選択できる異なるバリエーションがあります。これらの決定した項目値が、分析で使用されます。

分析タイプ
分析タイプ 使用 バリエーション
異常

履歴データのパターンを分析することにより、スパイクの異常を識別します。

メジャー 1 つ、時間軸 1 つ
除外済み 複数の軸によるメジャーの分類。 軸 2~3 つ、メジャー 1 つ
クラスター (K 平均法) 1 つの軸で 2 つのメジャーを比較するには、KMeans2D 関数を使用して結果をクラスタリングします。 軸 1 つ、メジャー 2 つ
比較

1 つまたは 2 つの軸で 2~4 つのメジャーを比較します。2 つのバリエーションに対応しています。

  • 1 つの軸、2~4つのメジャー

  • 2 つの軸、2~3つのメジャー

1 つの軸、2~4つのメジャー

2 つの軸、2~3つのメジャー

寄与度 累積寄与度のあるランクを作成します (パレート チャート)。 軸 1 つ、メジャー 1 つ
相関 最大 2 つのオプション軸における 2 つのメジャー間の相対的な相関関係を示します。 軸 0~2 つ、メジャー 2 つ
ファクト 集計結果を表示します。 1 メジャー
マップ分布 複数の地理的な軸によるメジャーの分類。 メジャー 0~2 つ、地理軸 1~2 つ
相互情報

ターゲットと選択したアイテム間の統計依存を表示します。

依存インジケーターの範囲は、0% (依存関係なし) から 100% (強い依存関係) です。

項目 1 つ (メジャーまたは軸) をターゲットとして、そして 1 から 10 の軸またはメジャーをドライバーとして選択することができます。

相互情報はランダムに選択されたデータのサンプルを使用します。同じ項目または選択に対するこの分析タイプの結果は、結果として異なる場合があります。

2~11 の項目値
概要 複数の軸によるメジャーの概要を表示します。 軸 1~2 つ、メジャー 1 つ
前の期間 対 現在の期間 現在の期間と前の期間のメジャーを比較します。 1 メジャー
プロセス制御 (平均) 計算された 2 つのコントロール制限間における時間のメジャーのパフォーマンスの指標を表示します。 メジャー 1 つ、時間軸 1 つ
プロセス制御 (移動平均) 過去 7 期間にわたって、計算された 2 つのコントロール制限間における時間のメジャーのパフォーマンスの指標を表示します。 メジャー 1 つ、時間軸 1 つ
ランク オプションのグループ化を使用した、メジャーによる軸の値のランキング。 軸 1 つ、メジャー 1 つ
ランク付けされたグループ 時間経過のメジャーに対する 1 つ以上の軸のネストされたランキングを表示します。 軸 3 つ、メジャー 1 つ
動向

時間の経過に伴うメジャーのパフォーマンスを表示します。必要に応じて、カーディナリティの低い軸別に分割します。

2 つのバリエーションに対応しています。

  • 0~1 つの軸、1 つのメジャー、 1 つの日/時間の軸

  • 2~3 つのメジャー、1 つの日/時間の軸

0~1 つの軸、メジャー 1 つ、時間軸 1 つ

メジャー 2~3 つ、時間軸 1 つ

年度累計 軸によるメジャー (今年と昨年の結果) の内訳。 軸 1 つ、メジャー 1 つ、時間軸 1 つ

カスタム分析の作成。

  1. アプリで、[準備] をクリックし、[語彙] を選択します。
  2. [カスタム分析] をクリックします。
  3. [用語を作成] をクリックします。
  4. 言語ドロップダウンから言語を選択し、カスタム分析の用語を入力します。
  5. 任意で、別の言語を追加してその言語の用語を追加します。
  6. 分析の種類] から、分析の種類を選択します。
  7. 利用可能な場合は、使用するバリエーションを選択します。
  8. 分析用の軸とメジャーを指定する場合は、データ で、使用する既定の項目を選択します。
  9. 分析に制約を取り入れる場合は、[Constraints (制約)] で項目、条件、値を選択します。
  10. [チャート] の [チャートの種類] で、オプションでカスタム分析で使用するプライマリ チャートを選択します。

    他のチャートの方が適切な場合でもこのチャート タイプを使用するには、[チャートの選択の強制] を選択します。

  11. 分析の種類に利用可能な場合、チャートの並べ替えと制限を設定します。
  12. [作成] をクリックします。
  13. アプリが Insight Advisor Chat で利用できる場合は、ナビゲーション バーでアプリ名をクリックし、[Insight Advisor を使用] で [ハブでは] をオフにしてからオンにします。

制限事項

カスタム分析には次の制限があります。

  • 次のシナリオでは、[チャートの選択の強制] の設定は実行されません。

    • When an unsupported number of fields are added to the custom analysis than the selected chart type supports.

      例えば、一部のチャートは 2 つの軸をサポートしていますが、3 つの軸はサポートしていません。2 つの軸の内訳分析を作成し、mekko チャートを適用すると、予想どおりに機能します。3 つの軸の内訳分析を作成して mekko チャートを選択した場合、mekko チャートは 3 つの軸をサポートしていないため、使用されません。

    • ユーザーが軸の制限を超える原因となる軸に制約を追加した場合。

      例えば、軸カテゴリと製品を使用して内訳分析を作成し、mekko チャートを選択して適用します。これは予想どおりに機能します。軸の国に制約を追加すると、チャートで 3 つの軸が使用されるようになったため、mekko チャートは適用されません。

    • 分散ウォーターフォール グラフが選択されているが、カレンダー期間が適用されていない場合。

  • Insight Advisor Chat では、フォローアップの質問はカスタム分析では機能しません。例えば、「売上概要」、カスタム分析をクエリし、「利益について」などのフォローアップの質問をすると、Insight Advisor Chat はそれを新しい質問として扱われます。

  • ロードスクリプトで $hidden とタグ付けされた項目は、論理モデルで表示するように設定されている場合でも、カスタム分析では利用できません。