メイン コンテンツをスキップする

での言語の変更Qlik Sense

既定では、Qlik Sense はシステム設定、ブラウザー設定、または管理者が構成した IdP 設定から言語設定を自動的に検出しようとします。優先言語を手動で設定できます。アプリの作成者の場合は、アプリの優先地域設定を設定することもできます。

Qlik Senseは以下の言語に対応しています。

  • 英語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • フランス語
  • イタリア語
  • 日本語
  • オランダ語
  • ポルトガル語 (ブラジル)
  • ロシア語
  • スウェーデン語
  • 中国語 (簡体字)
  • ポーランド語
  • トルコ語
  • 韓国語
  • 繁体字中国語

ブラウザベースの Qlik Sense の言語設定は、Qlik Sense Mobile for SaaS の言語設定とは別のものです。詳細については、「Qlik Sense Mobile for SaaS の優先言語の設定」を参照してください。

言語の検出

既定では、Qlik Sense は次の 2 つの設定のいずれかから言語を選択します。 

  • 組織の IdP 設定から。
  • ブラウザーまたはシステムの設定。

お使いのブラウザまたは IdP 言語が Qlik Sense でサポートされていない場合、Qlik Sense は英語を使用します。

次の表は、Qlik Sense がコンテンツを表示する言語をブラウザーまたはシステムの設定に基づいて検出する方法を示しています。一般的なサポートされている Web ブラウザーとオペレーティング システムの例を示しています。

一般的なサポートされている Web ブラウザーとオペレーティング システムでの言語検出
Web ブラウザ オペレーティング システム 検出される言語設定
Google Chrome Windows

ブラウザ言語の設定

Safari Mac OS オペレーティング システム ロケール
Safari iOS オペレーティング システム ロケール
Mozilla Firefox Windows 優先コンテンツ言語
Microsoft Edge Windows

オペレーティング システム言語

注: ユーザー インターフェース言語は、Qlik Sense を表示する言語にのみ影響します。

Qlik Sense で希望する言語を設定

[設定と管理] の [プロファイル設定] で優先言語を設定できます。これにより、Qlik Sense で検出された言語が無効になります。

  1. プロファイルをクリックして、[プロファイル設定] を選択します。

  2. [優先言語] で言語を選択します。

アプリを作成するための優先地域設定の設定

作成するアプリの既定の地域設定を設定できます。地域設定には、金額、日付、小数の書式設定、および曜日と月の名前のローカリゼーションが含まれます。データ ロード エディター でアプリの地域設定を表示および編集できます。 これらの設定の情報については、「アプリの地域設定の変更」を参照してください。地域設定では、曜日名などの選択した地域でローカライズされる設定を除き、アプリにアクセスするユーザーの言語は変更されません。

優先地域設定を設定しない場合、アプリは英語 (米国) を使用します。

  1. プロファイルをクリックして、[プロファイル設定] を選択します。

  2. [アプリを作成するための地域設定] で、希望する地域を選択します。

アプリの読み取り順序の設定

Qlik Sense アプリのデフォルトの読む順序は、左から右です。例えば、アラビア語やヘブライ語など、データまたはラベルが右から左の順序である場合には、お使いのアプリ設定で読む順序を右から左に変更できます。 詳細については、「 で文字を読む方向が右から左の場合Qlik Sense」を参照してください。