メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

Oracle DB

Oracle Database Services への接続に使用されます。

接続文字列: 接続文字列の部分を入力します。「新規追加」 ボタンを使用して、接続文字列に追加のエントリを作成します。

コネクタサーバーエイリアス: データ ソースを参照するさまざまな方法を Qlik 系統コネクタ に完全に通知するために使用されます。

テスト: 接続文字列の制御を実行し、Oracle に接続する機能を確認します。

Oracle DB ルール

テーブルを抽出: 有効にすると、Qlik 系統コネクタ は、システム テーブルからテーブルと項目定義を、それらを取り巻くメタデータとともに収集します。

  • システム テーブルを含む: 概要に Oracle 固有のシステム テーブルを追加します。

ビューを抽出: 有効にすると、Qlik 系統コネクタ はデータベースで定義されたビューを調べ、定義を解析します。

  • システム ビューを含む: 概要に Oracle 固有のシステム ビューを含めます。

  • ビューの依存関係を作成: 有効にすると、抽出ビューは、上記のビューからの出力だけでなく、内部系統も収集し、各ビューで使用される生テーブルへの接続を作成します。

マテリアライズド ビューを抽出: 有効にすると、Qlik 系統コネクタ はデータベースで定義されたマテリアライズド ビューを調べ、定義を解析します。

  • マテリアライズド ビューの依存関係を作成: 有効にすると、Qlik 系統コネクタ は内部系統を解析し、各ビューで使用される生テーブルへの接続を作成します。

スキーマ フィルター: スキーマフィルターは、含めるスキーマを決定するために使用されます。ワイルドカードの星の選択が可能です。