メイン コンテンツをスキップする
ID プロバイダー

このページ上

ID プロバイダー

Qlik Sense Enterprise SaaS で展開を設定する際に、すでに存在する ID プロバイダー (IdP) を使用できます。Qlik Account の使用を選択することもできます。Qlik Sense Business では、Qlik Account のみ使用できます。詳細については、「Qlik の信頼とセキュリティ」を参照してください。

情報メモID プロバイダーの設定方法の概要については、ID プロバイダーの設定 を参照してください。

このトピックでは、Qlik Sense Enterprise SaaS で ID プロバイダー設定を構成する方法について説明します。また、ID プロバイダー側で構成を行う必要があります。これらの構成のウォークスルーについては、次のリソースを参照してください。

Qlik Sense Enterprise SaaS の IDP としての Salesforce.com の使用 (OIDC 認証)

Qlik Sense Enterprise SaaS の IDP としての Active Directory フェデレーション サービスの使用

方法: Azure AD を IdP として使用するように Qlik Sense Enterprise SaaS を構成

Qlik Sense Mobile SaaS と ID プロバイダー

Qlik Sense Enterprise SaaS ユーザーが Qlik Sense Mobile SaaS を使用している場合は、以下の ID プロバイダーのいずれかを使用する必要があります。リストされていない ID プロバイダー ベンダーは、Qlik Sense Mobile SaaS 接続をサポートしている可能性があります。

  • Okta

  • Auth0

  • Salesforce

  • Azure AD

  • Google Identity (一般的な統合)

  • OneLogin (一般的な統合)

  • Qlik Account (Qlik Sense Enterprise SaaS - Government (US) では利用できません)

情報メモOkta 構成は Qlik Sense Mobile SaaS 接続をサポートしますが、ユーザーは頻繁な再ログインが必要であることに気付く場合があります。これを修正するには、ID プロバイダー管理者はアプリケーションの [トークンの更新] 設定を有効にする必要があります。
情報メモSalesforce 構成は、ID プロバイダーがオフライン アクセスを有効にしている場合にのみ Qlik Sense Mobile SaaS 接続をサポートします。オフライン アクセスは既定で無効になっています。オフライン アクセスを有効にしない場合、Qlik Sense Mobile SaaS ユーザーには「無効または使用できない offline_access スコープ」のようなテキストのエラー メッセージが表示されます。