メイン コンテンツをスキップする
システムイベントのレビュー

このページ上

システムイベントのレビュー

管理コンソール のイベントは、[イベント] ページで確認します。

イベント ページでは、システム内のイベントを追跡し、イベント タイプとそのイベントを開始したユーザーに関する情報を得ることができます。

情報メモイベントは 90 日を経過するとアーカイブされます。アーカイブ済みのイベントは削除されません。
管理コンソールのイベント
プロパティ 説明
Date UTC 形式での日付と時刻。
ソース イベント情報のソース。
イベント タイプ いイベントのタイプ。例を参照してください。
ユーザー イベントの開始ユーザー。ユーザー名を表示できない場合は、代わりにユーザー ID が表示されます。
右矢印 右端の矢印をクリックして、ソースまたはイベントからの追加情報を表示します。

テーブルでは、プロパティ ヘッダーの矢印を使用してソートし、ファネルを使用してフィルタリングします。フィルター後に更新およびリセットするにはボタンを使用します。

ソースの例:

  • com.qlik/licenses
  • com.qlik/engine
  • com.qlik/edge-auth

イベントの例:

  • app.created
  • user-session.begin
  • assignment.added
  • assignment.revoked

監査を使用してアーカイブされたイベントを取得する方法 API

この例では、Postman を使用して、アーカイブされたイベントを取得します。

準備

リクエストを送信する前に、次のものがあることを確認してください。

  • Qlik Sense クラスターの URL
  • API に許可されたリクエストを行うために必要な API キー。API キーの管理 を参照してください。

アーカイブされたイベントの取得

次の手順を実行します。

  1. Postman を起動します。
  2. HTTP メソッドを GET に設定します。

  3. アーカイブされたイベントをフィルタリングするための日付パラメータを含め、URL エリアに次のパスを入力します。

    {url}/api/v1/audits/archive?date=yyyy-mm-dd

    完全な URL は次のようになります。

    https://abc.us.example.com/api/v1/audits/archive?date=2019-11-16

  4. [承認] を選択します。[タイプ] ドロップダウンリストで、[ベアラートークン] を選択します。[トークン] 項目に API キーを入力します。

  5. [送信] をクリックします。

    API からの JSON 応答は次のようになります。

    { "data": [ { "source": "com.qlik/edge-auth", "contentType": "application/json", "eventType": "com.qlik.user-session.begin", "eventId": "ykaaY1j2yZvClvwN6pmbO_3tjZeoVoBb", "eventTime": "2019-11-16T17:29:50.273Z", "tenantId": "bOowHi6pxn0GaUcXIna4oFco62ag9uoH", "userId": "fSuVsk3HjaeBeiSoyNWdbwH6zwr4T-Jq", "data": { "subject": "okta\\00ukoxpallpY4QRs70x7" } }, { … } ] }