メイン コンテンツをスキップする
概要

このページ上

概要

Forts はクライアントがホストする仮想アプライアンスで、Qlik によってメンテナンスされています。そのため、 Fort はアップデートを自身で行い、Qlik はこの機能を使用して新しいバージョンとパッチを Fort にプッシュします。仮想アプライアンスは、この上で実行されるオペレーティングシステム、ツール、およびソフトウェアサービスなどが Qlik によって完全に事前設定およびメンテナンスされる仮想マシンです。Qlik CloudForts は、1 つのソリューションとして連携して機能します。Forts の使用には、Qlik CloudQlik Sense Enterprise SaaS エディションが必要です。

以下の画像は、ある会社が、EU 圏内のアイルランドに Qlik Cloud テナントを保有している例です。この会社は、EU のその他複数の国にも 3つの Forts を所有しています。Forts は、この会社のデータと共に配置されている仮想アプライアンスです。 Qlik Cloud は、Qlik によりホストされており、Forts はお客様によってホストされていますが、テナントも FortsQlik が管理しています。

Forts のホスティングおよびメンテナンス

Forts の展開におけるコンポーネントのホスティングおよびメンテナンス方法

Qlik Forts の利点については、当社のウェブページをご覧ください。Qlik Forts

Forts の仕組み

次の図は、Forts の基本的な考え方を示しています。Qlik Cloud インスタンスのテナントは、インターネットの一般回線でアクセス可能なデータソースを使用できますが、Forts はファイアウォールの内側に展開されるため、プライベート環境のデータソースにアクセス可能です。Qlik CloudForts アプリを開くと Fort にリダイレクトされて、Qlik Cloud に保存されているアプリと同じように操作することができます。FortsQlik Cloud からの受信接続を必要としないため、データの保存場所でデータを扱うことになります。

Fort 上のアプリで読み込まれたすべてのデータは、Fort と、Fort に接続されているクライアント (通常はプライベートネットワーク接続経由) に残ります。そのため、お客様のデータが Qlik Sense Enterprise SaaS やその他の第三者サービスに転送されることはなく、公共のインターネット上を移動する必要もありません。

データは Forts 内でファイアウォールによって保護されます

Forts 内のファイアウォールでお客様のデータを保護する方法

Forts アプリは他のアプリと同様に Qlik Sense Enterprise SaaS 内のスペースで管理されます。通常のアプリとの違いは、Fort のアプリは、プライベート クラウドまたは非公開のデータ センターに格納される点です。

次の図は、ユーザーが Qlik Sense Enterprise SaaS 内の Forts スペースでアプリを開いたときの手順を示しています。ユーザーは、データが格納されているのと同じファイアウォール内部の場所にある Fort にリダイレクトされます。ユーザー エクスペリエンスは、Qlik Sense Enterprise SaaS の通常のスペースでのアプリの操作とほぼ同様です。たとえば、リロード中など、アプリがデータをプルする必要がある場合は、 Qlik Sense Enterprise SaaS 上でなく、Fort 内で実行されます。

Qlik Sense Enterprise SaaS のハブを介して、ユーザーにはすべてのアプリへの単一のエントリ ポイントが提供されます。Forts スペースは緑のアイコンの色で識別されます。通常のアプリスペースのアイコンは青または赤です。

1 つの Fort を使用して複数のスペースが持てますが、スペースごとに 1 つの Fort しか使用できません。

ユーザが Forts アプリを開いた際のイベントの流れ

Forts アプリを起動する際の手順
  1. ユーザーが Qlik Sense Enterprise SaaS を開きます。

  2. ユーザーが Forts スペースでアプリを開きます。

  3. ユーザーがファイアウォールの内部の Fort にリダイレクトされます。

ヒント メモリダイレクトは、アドレスバーの URL が変更されていることで確認できます。