メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

Qlik Cloud の容量ベースのサブスクリプション

Qlik Cloud インスタンスは、分析プラットフォーム サービスとデータ統合プラットフォーム サービスを組み合わせたものです。併用することも、個別で使用することもできます。

  • Qlik Cloud 分析 は、組織内の全員がデータに基づいた意思決定を行えるようにする、ホスト型の分析プラットフォームです。セルフサービス分析、インタラクティブ ダッシュボード、会話型分析、カスタムおよび組み込み分析、モバイル分析、レポート、アラートなど、データから洞察までのライフサイクル全体にわたるユースケースをサポートします。

  • Qlik Cloud Data Integration は、ホストおよび管理されたサービスとしての統合プラットフォーム (iPaaS) です。さまざまなデータ統合タスクを実行するための、データ パイプラインを作成する機能を提供します。ファイアウォールの背後にあるオンプレミス データ ソースへの安全な接続を使用して、リアルタイムのログベースの変更データ キャプチャを活用したり、SaaS データ ソースのフル ロード機能を使用したりできます。

Qlik Cloud 分析 および Qlik Cloud Data Integration の容量ベースのサブスクリプションは、データ量を主な計測基準とする容量モデルに基づきます。サブスクリプション オプションは、次の 3 つのティアから選択できます。Standard、Premium、Enterprise。上位の分析エディションではより多くの分析機能が提供され、上位のデータ統合エディションではより高度なデータ ソースと変換が提供されます。Qlik Cloud Enterprise には、Qlik Cloud 分析 および Qlik Cloud Data Integration の最上位エディションが含まれます。Data Integration StandardAnalytics Premium を組み合わせるなど、ニーズに合わせてさまざまなエディションを組み合わせて使用できます。

Qlik Cloud のサブスクリプション

サブスクリプション オプション。

分析のみのサブスクリプションでは、Qlik Cloud データ プラットフォームで QVD ファイルを作成するための Qlik Cloud Data Integration にアクセスできます。QVD ファイルは分析アプリで使用できます。

Qlik Cloud Data Integration のすべてのエディションには、Qlik Senseアプリケーションの自動化、AutoML などの、関連する Qlik Cloud 機能が含まれています。

各サブスクリプション オプションに含まれる内容の詳細については、「 Qlik Cloud 分析 サブスクリプション オプション」および「Qlik Cloud Data Integration サブスクリプション オプション」を参照してください。

ヒント メモ

テナントが新しいナビゲーション エクスペリエンスを使用している場合は、管理コンソール は管理アクティビティ センターに置き換えられます。

詳細は、新しいプラットフォーム ナビゲーションをご覧ください。

計測基準

Qlik Cloud のサブスクリプションは、データ量を主な計測基準とする容量モデルに基づきます。Qlik Cloud Analytics Standard の計測基準は、Full User の数です。計測基準の詳細については、「サブスクリプションの計測基準」で説明されています。

エディションを選択して、必要に応じたデータ容量をサブスクライブします。保有するデータの量と、そのデータの何パーセントを Qlik Cloud で分析または移動するかを決定します。Qlik Cloud 分析 の分析用データ パック、または Qlik Cloud Data Integration のデータ移動パックをサブスクライブします。Enterprise エディションの場合は、分析用データまたはデータ移動、あるいはその両方のサブスクライブを選択できます。

管理者は、管理コンソール 内のユーザー資格、データ容量、その他の消費ベースのリソースの消費を監視できます。サービス アカウント所有者は、My Qlik でライセンス全体の使用状況を確認できます。詳細については、「リソース消費の監視」および「My Qlik ポータル」を参照してください。消費量の詳細なビューを提供するアプリを使用して、使用量データをさらに詳しく確認できます。詳細については、「詳細な消費レポートによる使用状況の監視」を参照してください。

容量、ガードレール、機能

Qlik Cloud のサブスクリプション オプションはすべて、同じ速度、パフォーマンス、可用性を提供します。これらは、Qlik Cloud と同じユーザー インターフェイス、ハブ、管理コンソール を共有します。ただし、各エディションの容量制限と機能は異なります。

管理者は、管理コンソール にて、容量の消費量のほか、有効な機能とそのガードレールを確認できます。

容量

容量によって、消費できるリソースの量が決まります。並列リロードの数など、一部の容量は固定されています。その他の容量は消費量ベースであり、データ容量、アプリのリロード、月ごとに生成されるレポートなど、時間単位ごとに測定されます。容量消費量は、Qlik Cloud ライセンス内のすべてのテナントにわたってカウントされます。例えば、テナント A が 200 回のリロードを消費し、テナント B が 100 回のリロードを消費し、2 つのテナントが同じライセンスに属している場合、消費される容量の合計は 300 回のリロードになります。

ガードレール

ガードレールとは、容量に対する厳しい制限のことです特定の容量指標が重大なレベルに達した場合、過剰な使用をブロックできます。ガードレールを使用すると、例えば並列リロードを制限して過度の負荷を回避するなどにより、Qlik Cloud のパフォーマンスと安定性を確保できます。Qlik Cloud 分析Enterprise エディションでは、顧客ごとに一部のガードレールについて交渉できます。Qlik Cloud Data Integration ではガードレールを交渉できません。

機能

機能とは、管理スペース、レポート、アプリケーションの自動化などの Qlik Cloud の機能のことです。サブスクリプションに応じて、使用できる機能と各機能のガードレールが決まります。例えば、サブスクリプションには、同時に実行できる自動化の数が 10 個に制限されている自動化が含まれている場合があります。

超過分

リソースの実際の使用量が購入した容量制限を超えると、超過分が発生する可能性があります。超過分により、中断することなく Qlik Cloud に継続的にアクセスできます。消費量が購入した容量制限の 10 倍に達するまで、リソースを継続して使用できます。すべての指標は、超過分消費量を測定します。消費量は月単位で計算され、それに基づいて超過分が報告されます。超過分は、利用規約に記載されている超過価格に基づいて毎月請求されます。

容量制限に近づいた場合、または超えた場合 (制限の 90%、95%、100%) は、管理コンソール に通知が表示されます。サービス アカウントの所有者には電子メールで通知が送信され、アドオンやアップグレードの必要性についてのフォローアップのために Qlik から連絡が入ります。

消費の超過分は、分析用データ、データ移動、自動化の実行、生成されたレポートに対して許可されます。次のケースでは超過分は許可されません。

  • AutoML の展開されたモデル

    Qlik Cloud サブスクリプションに含まれるティアには、ライセンス内で作成されたすべてのテナントで作成できる、定義された最大展開モデル数が含まれます。この消費制限はモデルごとに定義されます。つまり、単一のモデルから作成された複数の ML 展開は、単一の展開されたモデルとしてカウントされます。展開されたモデルの数が上限に達している場合は、1 つ以上の既存の展開されたモデルを削除するか、サブスクリプションを上位のティアにアップグレードしてください。

  • フル ユーザー

    サブスクリプションで利用可能な資格がない状態でユーザーを招待すると、そのユーザーのステータスは [リクエスト済み] となり、ハブまたはアプリへのアクセスはできません。詳細については、「「リクエスト済み」ステータスのユーザーの管理」を参照してください。

  • ガードレール

    Enterprise エディションでは、アプリのサイズ、リロード頻度、リロードの同時実行数など、一部のガードレール (固定容量制限) を顧客ごとに交渉できます。これらの容量では、超過分の消費は許可されません。

  • Qlik Cloud Analytics Standard の分析用データ

    Qlik Cloud 分析 の Standard エディションの容量は固定されています。容量制限に達すると、アプリのインポートやリロード、またはデータ ファイルの追加ができなくなります。アプリやデータ ファイルを削除して制限以下にするか、サブスクリプションをアップグレードできます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。