メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

LongDayNames

定義した書式が地域設定の長い曜日名の表記規則の代わりに使用されます。

構文:  

LongDayNames

次の LongDayNames 関数の例では、曜日名を完全に定義しています。

Set LongDayNames='Monday;Tuesday;Wednesday;Thursday;Friday;Saturday;Sunday';

変数を変更する場合、個々の値を区切るためにセミコロン ;が必要です。

LongDayNames 関数は、項目値として DayNames を返す Date - スクリプトおよびチャート関数 関数と組み合わせて使用できます。

地域の設定

特に指定のない限り、このトピックの例では次の日付書式を使用しています: MM/DD/YYYY。日付書式は、データ ロード スクリプトの SET DateFormat ステートメントで指定されています。既定の日付書式は、地域の設定やその他の要因により、システムによって異なる場合があります。以下の例の書式は、要件に合わせて変更できます。または、これらの例に一致するようにロード スクリプトの書式を変更できます。

App の既定の地域設定は、Qlik Sense がインストールされているコンピューターまたはサーバーの地域システム設定に基づいています。アクセスしている Qlik Sense サーバーがスウェーデンに設定されてい場合、データ ロード エディターは、日付、時間、および通貨にスウェーデンの地域設定を使用します。これらの地域の書式設定は、Qlik Sense ユーザー インターフェースに表示される言語とは関係ありません。Qlik Sense は使用しているブラウザと同じ言語で表示されます。

例 1 – システム変数の既定値

例 2 – システム変数の変更