メイン コンテンツをスキップする

DateFormat

この環境変数は、アプリで既定値として使用される日付形式と、 date()date#()などの日付を返す関数を定義します。この形式は、日付の解釈と書式設定に使用されます。この変数が定義されていない場合、スクリプトの実行時に元の設定の日付形式が取得されます。

構文:  

DateFormat

DateFormat 関数の例
結果
Set DateFormat='M/D/YY'; //(US format) この DateFormat 関数の使用は、日付を米国形式で (月/日/年) として定義します。
Set DateFormat='DD/MM/YY'; //(UK date format) この DateFormat 関数の使用は、日付を英国形式で (日/月/年) として定義します。
Set DateFormat='YYYY/MM/DD'; //(ISO date format) この DateFormat 関数の使用は、日付を ISO 形式で (年/月/日) として定義します。

地域の設定

特に指定のない限り、このトピックの例では次の日付書式を使用しています: MM/DD/YYYY。日付書式は、データ ロード スクリプトの SET DateFormat ステートメントで指定されています。既定の日付書式は、地域の設定やその他の要因により、システムによって異なる場合があります。以下の例の書式は、要件に合わせて変更できます。または、これらの例に一致するようにロード スクリプトの書式を変更できます。

App の既定の地域設定は、Qlik Sense がインストールされているコンピューターまたはサーバーの地域システム設定に基づいています。アクセスしている Qlik Sense サーバーがスウェーデンに設定されてい場合、データ ロード エディターは、日付、時間、および通貨にスウェーデンの地域設定を使用します。これらの地域の書式設定は、Qlik Sense ユーザー インターフェースに表示される言語とは関係ありません。Qlik Sense は使用しているブラウザと同じ言語で表示されます。

例 1 – システム変数の既定

例 2 – システム変数の変更

例 3 – 日付の解釈

例 4 – 外国の日付形式設定