メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

データ ロード エディター

データ ロード エディターからデータ ロード スクリプトを作成して実行し、データ ソースへの接続を作成します。データがロードされると、アプリで分析できます。

ナビゲーション バーの [準備] タブにある [データ ロード エディター] をクリックし、データ ロード エディターを開きます。

データ ロード エディター

データ マネージャーを使用してデータをロードするとき、スクリプトも生成できます。ただし、複雑なスクリプト ステートメントを使用する必要がある場合、データ ロード エディターでスクリプトを手動で作成する必要があります。

参照先: スクリプトを使用したデータのロードと変換

接続の作成

[接続] をクリックし、[データ接続] パネルを開きます。[接続の新規作成] をクリックして接続をスクリプトに追加します。

参照先: データ ソースへの接続

スクリプトの作成と編集

スクリプト エディターでスクリプト コードを作成します。スクリプトの各行には番号が振られ、スクリプトは構文のコンポーネント別に色分けされます。

スクリプト エディター ツール
UI 項目 説明
検索

スクリプト内のテキストを検索して置き換えます。

コメント追加 / コメント削除 コメント/コメント解除
インデント設定 コードのインデント
Undent コードのインデント解除
ヘルプ

構文のヘルプ モードをアクティブにします。ヘルプ モードで、エディタ内の構文のキーワード (青) をクリックすると、構文に関する詳しいヘルプにアクセスできます。

元に戻す 最後の変更を元に戻します (複数の操作を元に戻せます)。
やり直し 最後の「元に戻す」操作を取り消します。

新規作成 をクリックしてスクリプト セクションを追加します。セクションは上から下に実行されます。

デバッグ をクリックしてスクリプトのデバッグを行います。

参照先:

クリプトの実行

[データのロード ボタンをクリックしてスクリプトを実行します。ダイアログが開き、データ ロードの進行状況と生成されたメッセージが表示されます。また、[出力] ボタンをクリックすると、出力が表示されます。

参照先: スクリプト実行によるデータのロード

詳細を見る