メイン コンテンツをスキップする

数式を使用したドル記号展開

ドル記号展開では数式を使用できます。

角括弧で囲まれた内容は、等号で始まる必要があります。

$(=expression)

数式が評価され、値が展開に使用されます。例:

// returns a string with the current year $(=Year(Today())); 
// returns the year before the selected one $(=Only(Year)-1);

例: チャートの数式でメジャーを参照してメジャーを選択します

例: 2 つの軸間のクォータを計算します

ファイル インクルード

ファイル インクルードは、ドル記号展開を使用して作成されます。構文は次のとおりです。

$(include=filename)

上記のテキストは、等号記号の後に指定されたファイルのコンテンツで置き換えられます。この機能は、テキスト ファイルのスクリプト全体、またはその一部を保存する場合に便利です。

詳細については、「Include」を参照してください。

ドル展開と代替ステート

通常、ドル展開では代替ステートは考慮されません。ただし、ドル展開に数式がある場合は、ドル展開が行われた対象に関連する状態で評価されます。

例:

$(=Sum(Amount))

この計算は、選択に基づく合計値をオブジェクトのステートで返します。