メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

タグ付きのクラウド ハブへのアプリの公開

アプリは、書き込みアクセス権を持っているタグ付きのクラウド ハブに公開できます。これはストリームへの公開と同時に実行します。すでにストリーム内にある app でも、タグ付きのクラウド ハブに公開できます。

アプリを Qlik Sense Enterprise on Windows 内のストリームに公開すると、Qlik Sense 管理者が作成した配布ポリシーによって、カスタム アプリ プロパティを使用してタグ付きのアプリを受け取るターゲット クラウド ハブが指定されます。アプリをストリームに公開するときに、公開先のクラウド ハブとタグを制御するアプリのプロパティを設定できます。ストリームに既にある公開済みアプリのプロパティを設定することもできます。これらのプロパティを設定すると、Qlik Sense では選択したタグ付きの選択したクラウド ハブに、ストリーム内の app がコピーされます。

アプリがクラウドハブに公開されると、テナント管理者または分析管理者は、クラウドハブのスペース内で段階アプリを利用可能にできます。

展開に複数のクラウド ハブが含まれている場合は、その 1 つを選択する必要があります。

警告メモ制限されているデータを公開しないようにするには、アプリを公開する前に、セクション アクセス設定が含まれるすべての添付ファイルを削除します。添付ファイルはアプリの公開時に含まれます。公開済みアプリがコピーされると、添付ファイルがそのコピーに含まれます。ただし、添付したデータ ファイルにセクション アクセス制限が適用されている場合、ファイルがコピーされるときにセクション アクセス設定が保持されません。そのため、コピーしたアプリのユーザーは、添付ファイルのすべてのデータを表示することができます。

タグ付きのクラウドハブへのアプリの公開

情報メモ タグと公開先のクラウド ハブのカスタム プロパティは、Qlik Sense 管理者によって指定されます。これらの名前は、この手順で使用されている名前とは異なる場合があります。

次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense Enterprise on Windows ハブで [作業] のアプリを右クリックして、[公開] を選択します。

  2. [ストリーム名] ドロップダウン リストでストリームを選択します。

    情報メモ1 つのストリームのみに対するアクセス権がある場合は、ドロップダウン リストが表示されません。
  3. 情報メモ同じ名前を持つ多数のアプリをストリームに公開することは可能です。同じ名前を持つ公開済みのアプリが 1 つのストリーム内にある場合は、Qlik Sense がそれを示します。
  4. オプションで、[アプリ名] 項目でアプリの名前を変更できます。この項目に、ハブから選択したアプリの名前が表示されます。

  5. [管理] をクリックします。

  6. [タグ] の場合、値のリストから 1 つ以上のタグを選択します。

  7. [適用] をクリックします。

  8. [公開] をクリックします。

これで公開済みのアプリは、[プロパティの管理] ダイアログで選択したタグ付きクラウドハブに配置されます。テナント管理者は、段階アプリを管理スペースに追加できます。

タグ付きのクラウド ハブへの公開済みアプリの配布

次の手順を実行します。

  1. ストリームでアプリを右クリックして、[プロパティの管理] を選択します。

  2. [タグ] の場合、値のリストから 1 つ以上のタグを選択します。

  3. [適用] をクリックします。

これで公開済みのアプリは、[プロパティの管理] ダイアログで選択したタグ付きクラウドハブに配置されます。テナント管理者は、段階アプリを管理スペースに追加できます。

公開されたアプリのタグの編集

次の手順を実行します。

  1. ストリームでアプリを右クリックして、[プロパティの管理] を選択します。

  2. 必要に応じてタグを編集します。

  3. [適用] をクリックします。

新しいタグが選択された場合、アプリは対応するテナントに配布されます。