メイン コンテンツをスキップする

ビジュアライゼーション

ビジュアライゼーションを使用して、アプリにロードされるデータを表示できます。 例えば、棒グラフを使用してさまざまな地域の売上数を比較したり、テーブルを使用同じデータの正確な値を表示したりできます。

ビジュアライゼーションでの選択は、すべてのシートにおいて、関連付けられたすべてのビジュアライゼーションに反映されます。

ビジュアライゼーションの作成

ビジュアライゼーションは、事前定義のチャートやカスタム オブジェクトから作成します。ビジュアライゼーションをシートに追加できるようにするには、モードが 編集 編集でなければなりません。

  1. これが新規シートである場合は、既定のビジュアライゼーションを選択します。

    それ以外では、ビジュアライゼーションの右またはその下にある アイテムを追加 をクリックし、新規ビジュアライゼーションを追加します。

  2. ビジュアライゼーション タイプを選択します。

    使用するビジュアライゼーションの種類が不明な場合は、[自動チャート] を選択します。自動チャートにより、追加するデータに最適なビジュアライゼーションが選択されます。

    ビジュアライゼーションを作成しながら、ビジュアライゼーション タイプを切り替えることができます。これは、データのプレゼンテーションに対する異なったオプションを表示する点で役に立ちます。

  3. ソート、色分け、またはラベル付けなどのプレゼンテーション方法を調整します。

    詳細については、「ビジュアライゼーションのスタイルの変更」を参照してください。

新しいチャートをシート上のビジュアライゼーションにドラッグすると、ビジュアライゼーションのタイプを変換できます。

ビジュアライゼーションを作成するためのその他の方法については、「ビジュアライゼーションの作成および編集」を参照してください。

ビジュアライゼーションの再利用

アプリの他のシートで再利用するビジュアライゼーションを作成した場合は、マスター ビジュアライゼーションとして保存できます。

ヒント メモビジュアライゼーションを右クリックし、マスター アイテム [マスター アイテムに追加] を選択してマスター ビジュアライゼーションとして保存します。

マスター ビジュアライゼーションは、アセット パネルの マスター アイテム の下にあります。

選択可能なビジュアライゼーション

アセット パネルでは、2 種類の基本的なタイプのビジュアライゼーションを選択できます。

  • チャートには、棒、線、または点などの視覚要素を使用してデータが表現されます。
  • テキストベースのビジュアライゼーションには、テーブルやフィルターなどのテキスト形式でデータが表現されます。

アセット パネルには、使用できるダッシュボード オブジェクトがあります。

ビジュアライゼーションの目的に応じて、最適なチャートが決定されます。

詳細については、「ビジュアライゼーション タイプを選択するためのベスト プラクティス」を参照してください。

事前定義のビジュアライゼーションによって目的を満たすことができない場合は、ビジュアライゼーション エクステンションを使用できます。それらは、アセット パネルの 拡張機能 の下にあります。

チャート
チャート アイコン(標準) アイコン (上級) 説明
オートチャート - オートチャートは、選択したデータに最適なビジュアライゼーションを選択しようとします。
棒グラフ垂直方向にグループ化 縦棒グラフ 垂直方向にグループされた棒グラフは、[地域] 別の [都市] など、縦棒を使用して 1 つの軸を別の軸でグループ化します。
棒グラフ水平方向にグループ化 縦棒グラフ 水平方向にグループされた棒グラフは、[地域] 別の [都市] など、横棒を使用して 1 つの軸を別の軸でグループ化します。
棒グラフ垂直方向に積み上げ 縦棒グラフ 垂直積み上げ棒グラフは、1 つの軸を別の軸に垂直に積み上げます。
棒グラフ水平方向に積み上げ 縦棒グラフ 水平方向積み上げ棒グラフは、1 つの軸を別の軸に積み上げて横棒で表示します。
ボックス プロット ボックス プロット ボックス プロット ボックス プロットは数値データ グループの範囲および分布の比較に適しており、ひげ付きのボックスと中央の中心線によって描かれます。
Bullet chart ブレット チャートを使用することで、メジャーのパフォーマンスを視覚化し、目標値や質的スケール (不良、平均、良好など) と比較することができます。
コンボ チャート コンボ チャート コンボ チャート コンボ チャートは、同じチャート内で棒グラフと折れ線グラフを組み合わせたものです。棒グラフと折れ線グラフには異なる軸があり、割合や合計を比較することができます。
分布プロット 分布チャート 分布チャート 分布プロットは数値データ グループの範囲および分布の比較に適しています。データは軸に沿って値ポイントとしてプロットされます。
ドーナツ チャート 円グラフ ドーナツ チャートは、値間の関係や合計に対する単一値の関係を表示します。
ゲージ ゲージ チャート ゲージ チャート ゲージ チャートは、軸のない単一のメジャーの値を表示するために使用されます。
ヒストグラム ヒストグラム ヒストグラム ヒストグラムは、連続した間隔または一定の期間における数値データの分布を視覚化するのに適しています。データはビンに分割されます。
折れ線グラフ 折れ線グラフ 折れ線グラフは、値と値の間をデータ線で表示します。折れ線グラフは、時間間隔でデータの傾向を可視化するために、よく使用されます。
折れ線グラフエリア 折れ線グラフ エリア折れ線グラフは、線の下のエリアにより時間の経過に伴う動向を示します。
マップ マップ マップ マップは、地域の売上と店舗の売上といった地理空間データとメジャー値を組み合わせて使用します。
メッコ チャート メッコ チャートは、これらのグループに含まれるカテゴリアイテムを比較しながら、グループを比較します。
円グラフ 円グラフ 円グラフは、1 つの軸と 1 つのメジャーとの関係を表示します。
散布図 散布図 散布図 散布図は、2 つのメジャーの値を示します。これは、各インスタンスに 2 つの数値がある場合に便利です (国の人口と人口増加など)。オプションである 3 番目のメジャーも使用可能で、これによりバブルのサイズが反映されます。大規模データ セット表示時にメジャーのサイズを表すのに、バブル サイズの代わりに複数の色が使用されます。
ツリーマップ ツリーマップ ツリーマップ ツリーマップには階層データが示されます。ツリーマップは、限定的なスペースで多数の値を同時に表示できます。
ウォーターフォール グラフ ウォーターフォール ウォーターフォール ウォーターフォール グラフは、正と負の中間値によって初期値がどのように影響を受けるかを示します。
Visualization bundle - - Visualization bundle は、Qlik Sense アプリのチャート能力を強化し、増加させるために使用できるチャートのセットです。
テキストベースのビジュアライゼーション
チャート アイコン(標準) アイコン (上級) 説明
フィルター パネル フィルター コンテナ フィルター コンテナ フィルター パネルでは、シート上のビジュアライゼーションで表示したいデータを制御できます。フィルター パネルは、一度に複数の軸のデータをフィルターできます。
KPI KPI KPI KPI は、重要な業績の数値を表示するために使用されます。リンクをシートに追加できます。
ピボット テーブル ピボット テーブル ピボット テーブルは、軸とメジャーをテーブル内で行と列として表示します。ピボット テーブルを使用すると、一度に複数の軸のデータを分析できます。ピボット テーブルのデータは、軸の組み合わせを基にグループ化でき、小計を表示できます。
テーブル テーブル テーブルの値はレコード形式で表示され、テーブルの各行には、メジャーで計算された項目が含まれています。通常、テーブルには 1 つの軸と複数のメジャーが含まれています。
テキストと画像 - テキスト テキストと画像のビジュアライゼーションを使用して、テキストや画像、メジャー、リンクをウェブページに追加できます。(高度な編集モードのみ)
ダッシュボード オブジェクト
オブジェクト アイコン 説明
ボタン テキスト ボタンを使用して、アプリでの選択とナビゲーションを容易にするクイック リンクを追加できます。(高度な編集モードのみ)
コンテナ 限られたスペースにビジュアライゼーションを追加し、条件に基づいてコンテナ内のビジュアライゼーションを表示または非表示にすることができます。(高度な編集モードのみ)
Dashboard bundle   Qlik Sense アプリでのナビゲーションと選択の機能強化に使用できるコントロールのセット