メイン コンテンツをスキップする

アンインストール後のアップグレード Qlik Sense

既に Qlik Sense をアンインストールしている場合は、既存のバージョンをアップグレードするのではなく、新しいバージョンをインストールする必要があります。アンインストール中に、PostgreSQL データベースはインストーラー アプリケーションによって削除されず、復元できます。これらの手順は、新しいバージョンの Qlik Sense をインストールする前にデータベースを復元するのに役立ちます。

  1. [ %ProgramData%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL] に移動します。
  2. PostgreSQL フォルダーを %ProgramData% フォルダー以外の一時保存場所にコピーします。
  3. PostgreSQL Web サイトから互換性のあるバージョン PostgreSQL をダウンロードし、インストールします。

    詳しくは「 PostgreSQL のインストールと構成」を参照してください。

    システム要件を確認するには、 のシステム要件Qlik Sense Enterprise を参照してください。

  4. 非管理者のユーザーとしてコマンド プロンプトを開きます。
    警告: 次の手順の pg_ctl.exe コマンドは管理者として実行しないでください。
  5. %ProgramFiles%\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin に移動し、次のコマンドを実行します。

    pg_ctl.exe start -w -D "C:\SenseDB\<PostgreSQL-version>" set PGUSER=postgres set PGUSER=postgres set PGPASSWORD=password pg_dumpall.exe > [<path to dump file>] pg_ctl.exe stop -w -D "C:\SenseDB\<PostgreSQL-version>"
  6. [コマンド プロンプト] のウィンドウで、Qlik_Sense_setup.exe ファイルを含むフォルダに移動します。

  7. 次のコマンドを実行し、Qlik Sense をインストールして Qlik Sense Repository Database を復元します。

    Qlik_Sense_setup.exe databasedumpfile=<path_to_dump_file>
    警告: ダンプ ファイルへのパスは絶対パスとして入力する必要があります。相対パスを入力すると、インストールは失敗します。
  8. これで、新しいバージョンの Qlik Sense をインストールできます。

    詳細については、「シングル ノードへの Qlik Sense Enterprise on Windows のインストール」を参照してください。