メイン コンテンツをスキップする

サイレント アップグレード

このページ上

サイレント アップグレード

現在の Qlik Sense インストールをサイレントにアップグレードできます。 インストーラのユーザー インターフェースで利用できるすべての設定オプションは、サイレント操作で実行できます。

  1. [スタート] > [すべてのプログラム] > [アクセサリ] > [コマンド プロンプト] の順に選択します。

    [コマンド プロンプト] のウィンドウが表示されます。

  2. [コマンド プロンプト] のウィンドウで、Qlik_Sense_setup.exe ファイルを含むフォルダーに移動します。

  3. Qlik_Sense_setup.exe と入力して、適切なサイレント インストールの構文を続けます。

  4. 該当する場合は、.NET Framework 4.8 がインストールされます。完了したら、システムを再起動する必要があります。

    システムが再起動したら、上記の手順を繰り返します。

  5. 該当する場合は、次のサポート記事に従って、Qlik Sense ルート証明書を再作成します: 「2019 年 6 月以降へのアップグレード時の Qlik Sense ルート CA 証明書の再作成」。

    2019 年 6 月以前のバージョンで最初にインストールされたすべての Qlik Sense 展開に適用可能。

注: なお、未昇格状態のプロセスから実行した場合や UAC が有効になっている場合、昇格が生じる点に注意してください。

構文

構文
Qlik_Sense_setup.exe [-silent] {-log path\filename} {accepteula=1|0} {desktopshortcut=1|0} {skipstartservices=1|0} {installdir=path} {userpassword=password} {dbpassword=password} -
Qlik_Sense_setup.exe -? または -h 画面上のサイレント セットアップ ヘルプを開きます。

コマンド

コマンド
-silent (または -s) - UI を使用しないコマンドラインによる設定 (必須)。
-log (または -l) [パス付きのログ ファイル名]

ログ ファイル ディレクトリおよびログ ファイル名。

注: ユーザーはこのディレクトリへのアクセス権を持つ必要があります。

引数

引数はスペースで区切られ、[Argument]="[Value]" の形式で表示されます。通常、二重引用符 (") は省略できますが、パスにスペースが含まれている場合は必要です。

既定値は、セットアップ ユーザー インターフェースで使用した値になっています。

引数
accepteula 1|0

Qlik ユーザー ライセンス契約に同意します。

警告: この引数は必須であり、正常にアップグレードするには QULA を受け入れる必要があります。
desktopshortcut 1|0 (クリーン インストールでは既定値の 1 になります) デスクトップ ショートカットをインストールします。
skipstartservices 1|0 (クリーン インストールではデフォルト値の 0 になります。その他の場合は現行のステートを維持) インストール完了後のサービス開始をスキップするには。
installdir [カスタム インストール ディレクトリへのパス] 既定のインストール ディレクトリを使用しない場合にのみ定義が必要 (%ProgramFiles%\Qlik\Sense)。
userpassword [パスワード] サービスの実行に使用するユーザーのパスワード。
dbpassword [パスワード]

データベースを実行するユーザーを作成するデータベースのスーパーユーザー用のパスワード。

bundleinstall dashboard,visualization ダッシュボードとビジュアライゼーションのバンドルを含めます。

既定値は、セットアップ ユーザー インターフェースで使用した値になっています。

Example: インストールのアップグレード

この例では、インストールをサイレントにアップグレードし、デスクトップ ショートカットを追加する方法を示しています。

Qlik_Sense_setup.exe -s desktopshortcut=1 accepteula=1

サポートが終了したコマンドライン引数

使用の中止が推奨されるコマンド ライン引数のリストについては、「サイレント インストール」を参照してください。