メイン コンテンツをスキップする Skip to complementary content

サイレント パッチ

インストールでソフトウェア パッチを利用可能な場合、コマンド ライン ツールを使用して、更新をサイレントにインストールできます。Qlik Senseパッチには、既存の のバージョンに適用されるソフトウェアの更新と修正が含まれています。Qlik Sense

コマンド

次のコマンドを使用して、パッチの更新をサイレントに実行します。

コマンドの一覧
コマンド 説明
install ユーザー インターフェースを使用せずに、コマンド ラインによるインストールを実行します。フィードバックについては、ログ ファイルおよび戻り値を参照してください。
uninstall ユーザー インターフェースを使用せずに、コマンド ラインによるアンインストールを実行します。フィードバックについては、ログ ファイルおよび戻り値を参照してください。
startservices

[install] または [uninstall] で使用します。このコマンドは、サービスを自動的に開始させるかどうかを指定します。

log=[ログファイルへのパス] ログ ファイルを書き込むパスの場所を指定します。
unpack=[パス] パッチの内容を、インストールせずに解凍します。
help (or -h, /h, -?, /?) ヘルプのダイアログを開きます。

サイレント パッチのトラブルシューティングを行うには、インストール ログ ファイルを検証して開始します。ログ ファイルの既定の場所は次のとおりです。C:\ユーザー\[ユーザー名]\AppData\Local\Temp.

ルート証明書の再作成

該当する場合は、パッチ適用の完了後に、次のサポート記事に従って Qlik Sense ルート証明書を再作成します: https://support.qlik.com/articles/000094071

次およびそれ以降の Qlik Sense パッチに適用できます:

  • 2019 年 2 月 パッチ 8
  • 2019 年 4 月 パッチ 8
  • 2019 年 6 月 パッチ 11
  • 2019 年 9 月 パッチ 7
  • 2019 年 11 月 パッチ 6

次のコマンドは、パッチ更新ファイルの実行に使用できる構文の例です。

Qlik_Sense_update.exe install startservices

このコマンドで更新をインストールし、サービスを更新前と同じ状態に復元します。