メイン コンテンツをスキップする

共有スペースで作業する

共有スペースは、共同でアプリを開発し、アプリへのアクセスを制御するために使用するクラウド ハブのセクションのひとつです。共有スペースは、[Explore] のスペース ドロップダウンを使用することで見つけることができます。

Professionalライセンスを所有しているユーザーは誰でもスペースを作成できます。この動作は、Management Console の設定により制御されます。テナント管理者は、この既定の設定を Management Console でオフにできます。[設定] > [資格] へ移動し、[Professional の資格は共有スペースを作成できます] オプションを無効にします。テナント管理者がこの機能をオフにすると、共有スペースを作成できるのは [TenantAdmin] または [SharedSpaceCreator] の役割を持つユーザーに限られます。

注: ユーザーの役割に関する詳細については、「 ユーザーの役割を割り当てる」をご覧ください。

メンバーが共有スペースに追加されると、そのメンバーには権限が付与されます。権限は、共有スペース内でメンバーが実施可能となる内容を定義しています。共有スペースには 4 つの権限があります。

  • 所有者: 所有者は、スペースとそこに所属するメンバーを管理できるだけでなく、スペースにコンテンツを作成することができる最初の管理人です。
  • 管理者: スペースとそこに所属するメンバーを管理できるだけでなく、スペースにコンテンツを作成することができます。
  • 編集可能: アプリのコンテンツを追加、編集できます。スペースとそのメンバーシップを管理することはできません。
  • 閲覧可能: スペースでアプリを表示することはできますが、コンテンツの作成やスペースの管理はできません。

メンバーの権限を変更して、スペース内で別の役割を割り当てることや、スペースからメンバーを削除することもできます。共有スペースでの権限管理については、「共有スペースでの権限の管理」をご参照ください。

共有スペース内で直接新しいアプリを作成できます。また、自身の個人スペースから共有スペースにアプリを移動することで、他のメンバーがそのアプリを利用することもできます。スペース内のユーザーとのコラボレーションに関する詳細は、「共有スペースでのアプリの使用」をご参照ください。

共有スペースを作成する

スペースの所有者とは、そのスペースを作成したユーザーです。クラウド ハブでは、スペースの所有者を変更することはできません。スペースの所有者は Management Console で変更できます。

注:

スペースの名前はクラウド ハブ内で一意である必要があります。

次の手順を実行します。

  1. スペースのドロップダウンをクリックして、[スペースを追加] を選択します。

    または、[新規追加] をクリックして、[スペースを作成] を選択します。

  2. スペースの名前とスペースの説明を入力します。
  3. [作成] をクリックします。

共有スペースへのメンバーの追加

メンバーは、所有者または [] [管理者] 権限を持つメンバーによってスペースに追加可能です。テナント管理者がグループを有効にしている場合は、メンバーのグループを自分のスペースに追加することもできます。

注:

スペース内でメンバーが個人権限およびグループ権限を持つ場合は、最も高い権限レベルが適用されます。

次の手順を実行します。

  1. スペース内で、Settings をクリックし、[メンバーを管理] をクリックします。

  2. メンバーの名前を検索して、スペースに追加するメンバーを選択します。
  3. メンバーに許可する権限を選択して、[メンバーの追加] をクリックします。
  4. [完了] をクリックします。

共有スペースの名前と説明を編集する

スペースの名前と説明を変更できます。

次の手順を実行します。

  1. スペース内で、Settings をクリックし、[スペースの編集] をクリックします。

  2. 名前と説明を変更して、[保存] をクリックします。

共有スペースを削除する

スペースを削除できます。スペースを削除できるのは、所有者または [] [管理者] 権限を持つユーザーのみです。

  1. スペース内で、Settings をクリックし、[スペースの編集] をクリックします。

  2. [削除] をクリックします。
  3. [削除] をクリックします。

共有スペースを利用したアプリの開発と共有

様々な方法でアプリを共同開発してクラウド ハブの他のメンバーと共有することができます。共有スペースを使用するためのワークフローのサンプルは次のとおりです。

  1. アプリを作成する

    個人スペースにアプリを作成します。データ ソースを追加してデータ モデルを作成した後、アプリのスケジュール済みのロードを作成します。

    アプリの作成者は、アプリ内のデータを唯一管理できるユーザーなので、アプリを他のユーザーと共同開発する前に、データ モデルを完成させる必要があります。

    クラウド ハブでのアプリの作成

  2. 共有スペースを作成する

    アプリを共同開発するため、クラウド ハブに共有スペースを追加します。

  3. アプリをスペースに移動します

    アプリを共同で作業する準備が整った後、アプリを共有スペースに移動します。

    共有スペースでのアプリの使用

  4. スペースにユーザーを追加します

    自身のスペースに共同編集者を追加して、[編集可能] 権限を付与します。共同制作者はProfessionalのライセンスを所有している必要があります。

  5. スペース内で、共同でアプリを開発する

    すべての [編集可能] 権限を持つユーザーは、シート、ストーリー、およびブックマークをアプリに追加可能です。アプリで公開するまでは、コンテンツは非公開です。

    共有スペースでのアプリの使用

    シート、ブックマーク、ストーリーへのアクセス権の付与

  6. アプリのターゲット オーディエンスをスペースに追加する

    アプリがターゲット オーディエンスに対応可能になると、それを自身のスペースに追加できます。

    単にこのスペースを開発に使用している場合は、アプリのオーディエンスがアクセスできる別のスペースにアプリを移動できます。あるいは、アプリを自身の個人スペースに移動し、そこから特定のユーザーとアプリを共有することも可能です。

    共有スペースでの権限の管理

    共有スペースでのアプリの使用

  7. アプリを更新する

    アプリのオーディエンスからフィードバックを受け取ることがあります。スペース内のアプリは、アプリ内のデータ モデルまたはコンテンツへ変更することで、いつでも更新できます。

  8. 共有スペースからアプリを削除する

    アプリが不要になった場合、クラウド ハブから削除することができます。

    アプリの削除

  9. スペースを削除する

    スペースが不要になった場合、クラウド ハブから削除することができます。