メイン コンテンツをスキップする

チャート式用の一般的な構文

このページ上

チャート式用の一般的な構文

次の構文はチャートの数式に使用できる一般的な書式で、多数のオプションのパラメータがあります。

expression ::= ( constant | expressionname | operator1 expression | expression operator2 expression | function | aggregation function | (expression ) )

ここで

constant は、ストレート単一引用符で囲まれた文字列 (テキスト、日付、時刻) または数値です。定数は 3 桁区切りの記号を使用せず、小数点に 10 進小数点を使用します。

expressionname は、同じチャートに含まれるもう 1 つの式の名前 (ラベル) です。

operator1 は、右側にある 1 つの数式に対して作用する単項演算子です。

operator2 は、両側にある 2 つの数式に対して作用する二項演算子です。

function ::= functionname ( parameters )

parameters ::= expression { , expression }

パラメータの数と種類は任意ではなく、使用する関数によって異なります。

aggregationfunction ::= aggregationfunctionname ( parameters2 )

parameters2 ::= aggrexpression { , aggrexpression }

パラメータの数と種類は任意ではなく、使用する関数によって異なります。

See also