メイン コンテンツをスキップする

KMeansND- チャート関数

KMeansND() は、K 平均法クラスタリングを適用してチャートの行を評価し、チャートの各行に、このデータ ポイントが割り当てられているクラスターのクラスター ID を表示します。クラスタリング アルゴリズムで使用される列は,パラメーター coordinate_1、 coordinate_2、などによって、最大 n 列まで決定されます。これらはすべて集計です。作成されるクラスターの数は、num_clusters パラメーターによって決定されます。

KMeansND は、データ ポイントごとに 1 つの値を返します。戻り値はデュアル値であり、各データ ポイントが割り当てられているクラスターに対応する整数値です。

Syntax:  

KMeansND(num_clusters, num_iter, coordinate_1, coordinate_2 [,coordinate_3 [, ...]])

Return data type: dual

Arguments:  

引数
引数 説明
num_clusters クラスターの数を指定する整数。
num_iter 再初期化されたクラスター中心を使用したクラスター化の反復回数。
coordinate_1 (チャートから作成できる散布図の) 通常は x 軸の最初の座標を計算する集計。追加のパラメーターは、2 番目、3 番目、4 番目の座標などを計算します。