Extension Variance waterfall chart

分散ウォーターフォール グラフ ([Variance waterfall] (分散ウォーターフォール)) を使用して、軸のさまざまな値に関して、2 つの軸間の分散を示します。ウォーターフォール グラフは Visualization Bundle に含まれています。

始点値と終点値の 2 つのメジャー、およびブリッジ軸 1 つを使用する必要があります。

分散ウォーターフォール グラフの作成

編集中のシートに分散ウォーターフォール グラフを作成することができます。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルで [カスタム オブジェクトVisualization bundle] を開き、Variance waterfall オブジェクトをシートにドラッグします。
  2. [軸を追加] ボタンをクリックし、ブリッジ軸を選択します。

  3. 1 つ目の [メジャーを追加] ボタンをクリックして、始点値として使用するメジャーを選択します。
  4. 2 つ目の [メジャーを追加] ボタンをクリックして、終点値として使用するメジャーを選択します。

分散ウォーターフォール グラフに、始点値メジャーの棒 1 つと、終点値メジャーの棒 1 つが表示されます。メジャーの棒の間に、ブリッジ軸の各値の分散が表示されます。

チャートの外観の変更

グラフの外観はカスタマイズできます。

Labels

値ラベルをオフにするには、[スタイル] > [プレゼンテーション] > [値ラベル] を [オフ] に設定します。

凡例

凡例ラベルをカスタマイズするには、[スタイル] > [プレゼンテーション] > [ラベル] を [カスタム] に設定します。次の凡例ラベルにカスタム テキストを設定できます。

  • 始点値 ([始点値])
  • 終点値 ([終点値])
  • Positive variance (正の分散) ([Positive label] (正のラベル))
  • Negative variance (負の分散) (Negative label (負のラベル))

凡例は、[スタイル] > [色と凡例] > [凡例の表示] を [オフ] に設定してを非表示にしたり、[スタイル] > [色と凡例] > [凡例の位置] で凡例の位置を変更したりすることもできます。

制限事項

全般的な制限事項については、「Qlik が提供するオブジェクト バンドルの 制限」を参照してください。

  • 格子コンテナーで分散ウォーターフォール グラフを使用することはできません。
  • 両方のメジャーで同じ数値書式を使用し、軸分散の棒に正しい数値書式を取得する必要があります。