Trellis container

Trellis container (格子コンテナ) を使用し、マスター ビジュアライゼーションに基づいてトレリス チャートを表示します。トレリス チャートには、さまざまな軸の値で同じチャートのグリッドが表示されます。トレリス チャートを使用して、さまざまなデータのグループの指標を比較することができます。Trellis container (格子コンテナ) は Visualization Bundle に含まれています。

A trellis chart container showing charts for retail sales for 8 different dimension values.

さまざまな製品カテゴリについて示された、販売データの棒グラフに基づいたトレリス チャート

トレリス チャートの作成

編集中のシートにトレリス チャートを作成することができます。さまざまな軸の値で繰り返し使用するチャートは、マスター ビジュアライゼーションでなければなりません。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルで [カスタム オブジェクトVisualization bundle] を開き、Trellis container (トレリス コンテナー) オブジェクトをシートにドラッグします。
  2. プロパティ パネルの [Appearance] (スタイル) > [Trellis options] (トレリス オプション) > [Base visualization] (ベース ビジュアライゼーション) で、表示するマスター ビジュアライゼーションを選択します。
  3. [Data] (データ) > [Dimensions] (軸) で、グリッド軸として使用する軸を選択します。

チャートのグリッドが表示されるようになり、それぞれ選択したグリッド軸に基づいています。

トラブルシューティング

チャートのグリッドが表示されず、次のメッセージが表示される: Too many dimension values!

Possible cause  

グリッドで許可されているチャートの最大数を超える軸の値があります。

Proposed action  

[Appearance] (スタイル) > [Trellis options] (トレリス オプション) > [Maximum number of charts] (チャートの最大数) で許可されている数を増やすことができます。

チャートの外観の変更

グラフは 1 つ以上の機能を指定してカスタマイズできます。

列の数の設定

[Appearance] (スタイル) > [Trellis options] (トレリス オプション) > [Number of columns] (列の数) で、チャートのグリッドの列の数を設定することができます。

チャートの Y 軸範囲の設定

[Appearance] (スタイル) > [Trellis options] (トレリス オプション) > [Auto range] (自動範囲) で、トレリス チャート内でチャートに表示する Y 軸範囲を選択することができます。

  • [On] (オン) は、すべてのチャートで同じ範囲を表示します。チャート間で値を比較する場合は、これが最適なオプションです。
  • [Off] (オフ) は、各チャートの最適化された範囲を表示します。

Slide mode (スライド モード)

チャートをグリッドではなくスライド モードで表示するには、[Appearance] (スタイル) > [Trellis options] (トレリス オプション) > [Slide mode] (スライド モード) を [On] (オン) に設定します。スライド モードでは、一度にチャートを 1 つ表示します。チャート間をスクロールすることができます。

マスター ビジュアライゼーションを作成するためのベスト プラクティス

トレリス チャートで良好に機能するマスター ビジュアライゼーションを作成するためのヒントは、以下のとおりです。

  • マスター ビジュアライゼーションにタイトルを表示します。トレリス チャートでは、このタイトルが各チャートのグリッド軸の値で置換されます。
  • 数式を使用する場合: set 数式を非表示にするラベルを作成します。
  • コンボ チャートを使用している場合: 軸を 1 つだけ使用して、Y 軸の最小値と最大値を設定します。
  • ボックス プロットを使用している場合: Y 軸の最小値と最大値を設定します。
  • 散布図を使用している場合: X 軸を設定します。
  • マップを使用している場合: 詳細設定モードを使用して、レイヤーの色とタイトルを設定します。

詳細設定モードの使用

詳細設定モードを使用して、マスター ビジュアライゼーションで set 分析および軸の値を挿入する位置を指定します。これをアクティブ化するには、[Appearance] (スタイル) > [Trellis options] (トレリス オプション) > [Advanced mode] (詳細設定モード) を [On] (オン) に設定します。

マスター ビジュアライゼーションで数式に以下のプレースホルダーを使用できます。これらはトレリス チャート内では対応する値で置換されます。

トレリス チャート内での詳細設定モードの値の置換
プレースホルダー 置換後の値
$(vDim) Dimension Name
$(vDimValue) Dimension Value
$(vDimSet) [Dimension Name]={'Dimension Value'}
$(vDimSetFull) {<[Dimension Name]={'Dimension Value'}>}

制限事項

全般的な制限事項については、「Qlik が提供するオブジェクト バンドルの 制限」を参照してください。

対応していないビジュアライゼーション

トレリス チャートで以下のビジュアライゼーションを使用することはできません。

  • フィルター パネル
  • ヒストグラム

埋め込みマスター ビジュアライゼーションを含むマルチ KPI ビジュアライゼーション

埋め込みマスター ビジュアライゼーションを含むマルチ KPI チャートを使用することはできません。