Sankey chart

サンキー グラフ (Sankey chart) によって、編集中のシートに特定の種類のフロー チャートを追加することができます。このグラフでは、定義されたシステム境界内の主要なデータ転送またはフローが視覚的に強調されます。グラフの矢印の幅はフロー量に比例して表示されます。サンキー グラフは Visualization bundle に含まれています。

  • 2 本の軸と 1 つのメジャーが最低限必要です。
  • このグラフでは、最大 5 つの軸を同時に測定できます。
  • 図のそれぞれの側で軸のサイズを等しくする必要はありません。

  • 軸の値により、グラフ内のフローの色が決まります。
  • リンクの色はソースまたはターゲットのアンカーに基づいています。

使用に適しているケース

サンキー グラフは、フロー全体に対して最も重要なセクションを見つけようとする場合に効果的です。またこのグラフは、設定されたシステムの各境界内で保持されている特定の数量を表示する場合にも効果的です。

サンキー グラフ図の作成

サンキー グラフは、編集中のシートで作成できます。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルで [カスタム オブジェクト Visualization bundle] を開き、[Sankey chart] オブジェクトをシートにドラッグします。
  2. 最上位の [軸を追加] ボタンをクリックし、グラフのフローのソース軸 (左側に表示) を選択します。
  3. 2 番目の [軸を追加] ボタンをクリックし、グラフのフローのターゲット軸 (右側に表示) を選択します。
  4. [メジャーを追加] ボタンをクリックして、グラフのメジャーを選択します。

軸とメジャーを選択すると、チャート項目にサンキー グラフが自動的に (色付きで) 表示されます。

Example:

ソース軸 (四半期) とターゲット軸 (年) のグラフ。

軸の追加

プロパティ パネルの [データ] > [軸] で、グラフに軸を 5 つまで追加できます。グラフが更新され、追加した軸が反映されます。軸は、最初に入力した軸を常にソース軸として、左から右の順に表示されます。ターゲット軸は常に右側に表示されます。さらに軸を追加すると、それらの軸は入力した順序で右側に追加されて表示されます。

軸が 3 本のグラフ: ソース軸 (原点)、ターゲット軸 (決定)、追加の 1 軸 (転送先)。

グラフの外観の変更

グラフは 1 つ以上の機能を指定してカスタマイズできます。グラフは自動的に更新されます。

リンクの色

グラフのリンクの色は、ソースまたはターゲットのいずれかのアンカーに基づいています。ソースまたはターゲットのアンカーの色をグラフのリンクに適用するには、='SOURCE' または ='TARGET' のどちらかの文字列を使用します。また、カラー コード文字列を入力することによって別の色を選択することもできます。色は有効な CSS 色にする必要があります。

次の手順を実行します。

  1. プロパティ パネルの [スタイル] で [プレゼンテーション] をクリックします。
  2. [リンクの色] に適切な文字列を入力します。
  3. Enter キーを押すとグラフが更新されます。

数式エディター (Expression). また、リンクが表す軸の値の Margin % に基づいて、輝度のあるリンクに色付けすることも可能です。

Example:  

文字列「=rgb(round(Avg ([Margin %])*255), 100, 100)」を入力します。ここで、Margin % は 0~1 の値で、リンクはグラフに赤で表示されます。

リンク不透明度

リンク不透明度は、プロパティ パネルの [スタイル] > [Link opacity] でリンク不透明度スライダのスライド ボタンをスライドすることによって調整できます。また、不透明度を 1 (右端) に設定することによって影がドロップされるように設定し、リンクの外観をより独特なものにすることができます。

ノードの色

各軸値のノードの色は変更することができます。色は有効な CSS 色にする必要があります。

次の手順を実行します。

  1. プロパティ パネルの [データ] > [軸] で、対象の軸を選択します。
  2. [ノードの色] にカラー コード文字列を入力し、Enter キーを押します。チャートが更新されます。

    Example:

    水色: 文字列: ='#00ffff' の中の #00ffff 

数式エディター (Expression).

    数式によって色付けされた地域軸の値。

ノードのパディングと幅

ノード間の垂直距離 (「ノード パディング」) とグラフのノードの水平幅 (「ノード幅」) の両方を設定できます。

    1. プロパティ パネルの [スタイル] で [プレゼンテーション] をクリックします。
    2. ノード パディングまたはノード幅のスライダのスライド ボタンをスライドして、ノード設定を調整します。

制限事項

全般的な制限事項については、「Qlik が提供するオブジェクト バンドルの 制限」を参照してください。