ヒストグラムによる時間間隔をまたいだデータ分布の表示

ここでは、Qlik DataMarket の天候データを例として使用し、時間間隔をまたいだデータ分布のヒストグラムを作成する方法を示します。

Histogram with the dimension Average of the 24 hourly temperature observations in degrees Celsius.

データ セット

この例では、Qlik DataMarketWeather for more than 2500 cities worldwide データ ソースからロードした気象データを使用します。このデータセットは、Qlik DataMarket での以下の選択条件に基づいています。

  • Location: Sweden > Gällivare Airport
  • Date: All time
  • Measurement: Average of the 24 hourly temperature observations in degrees Celsius

ロードされたデータセットには、2010 年~ 2017 年の期間中にスウェーデン北部の測候所から得られた毎日の平均気温の測定結果が含まれています。

ビジュアライゼーション

ヒストグラムをシートに追加し、[Average of the 24 hourly temperature observations in degrees Celsius] 項目を軸として追加します。

ビジュアライゼーションでは、レコード数のメジャーが自動的に作成され、レコード数の分布に従って、気温の測定値をいくつかの棒にソートします。

棒のサイズを調整して間隔を均等にするには、[] を [カスタム] に設定し、[棒の幅 (X 軸)] を [5] の幅に設定します。以下に示すように、これで棒が 5 ℃ 間隔に調整されます。

Histogram with the dimension Average of the 24 hourly temperature observations in degrees Celsius.

探索

ヒストグラムは、気温の測定値のレコード数の分布を可視化します。マウスを棒に合わせると、レコード数の詳細を表示できます。

ほとんどの日は、気温が -5 ~ 15 ℃ であることが分かります。-30 を下回る日もありますが、多くはありません。