データ ロード スクリプトでの chi2-test 関数の使用例

chi2-test 関数は、カイ二乗統計分析に関連した値の計算に使用します。このセクションでは、Qlik Sense で使用可能なカイ二乗分布検定関数のデータ ロード スクリプトでの使用方法を説明します。構文と引数については、各 chi2-test スクリプト関数のトピックを参照してください。

この例では、2 グループ (I と II) の学生の成績 (A から F) 別の人数を含むテーブルを使用します。

  A B C D E F
I 15 7 9 20 26 19
II 10 11 7 15 21 16

サンプル データのロード

次の手順を実行します。

  1. 新しいアプリを作成します。
  2. データ ロード エディタで、以下を入力します。

    // Sample_1 data is pre-aggregated... Note: make sure you set your DecimalSep='.' at the top of the script.

    Sample_1:

    LOAD * inline [

    Grp,Grade,Count

    I,A,15

    I,B,7

    I,C,9

    I,D,20

    I,E,26

    I,F,19

    II,A,10

    II,B,11

    II,C,7

    II,D,15

    II,E,21

    II,F,16

    ];

  3. l をクリックしてデータをロードします。

サンプル データがロードされます。

chi2-test 関数の値のロード

chi2-test の値を Grp でグループ化された新しいテーブルのサンプル データに基づいて、ロードします。

次の手順を実行します。

  1. データ ロード エディタで、スクリプトの最後に以下の記述を追加します。

    // Sample_1 data is pre-aggregated... Note: make sure you set your DecimalSep='.' at the top of the script.

    Chi2_table:

    LOAD Grp,

    Chi2Test_chi2(Grp, Grade, Count) as chi2,

    Chi2Test_df(Grp, Grade, Count) as df,

    Chi2Test_p(Grp, Grade, Count) as p

    resident Sample_1 group by Grp;

  2. l をクリックしてデータをロードします。

chi2-test の値が、Chi2_table という名前のテーブルにロードされます。

結果

chi2-test の結果の値を、[プレビュー] のデータ モデル ビューアで表示できます。次のように表示されます。

Grp chi2 df p
I 16.00 5 0.007
II 9.40 5 0.094