パフォーマンス

このトピックの目的は、Qlik Sense をインストールする前に考慮すべきパフォーマンスに関する基本情報を提供することです。Qlik Sense 展開を計画するときに検討すべきいくつかの考慮事項があります。

  • 展開のサイズ - 小規模なシングルノード、中規模、大規模なマルチノード サイトのどれか?
  • サイト内のノード数は?
  • ローカルのリポジトリ データベースか、専用のリポジトリ データベースか?
  • ローカル ファイル共有か、ネットワーク ファイル共有か?
  • 各ノードで必要な CPU コアの数は?
  • 各ノードで必要な RAM は?

地理的展開

現在の持続性モデルは、地理的展開に対応していません。最適なパフォーマンスを得るため、ネットワーク遅延が 4 ミリ秒未満のリポジトリ データベースおよびファイル共有と同じ地理的場所またはデータ センターにすべての Qlik Sense サービスを配置することをお勧めします。

処理能力とパフォーマンス

Qlik Sense は最大 12 台のノードに対応します。処理能力全体に寄与する要因は、ノード数だけでなく他にも次のようなものがあります。

  • ワークロード
  • ハードウェア速度
  • ネットワーク速度

たとえば、ファイル共有のディスク速度とセントラル ノードが遅すぎる場合、アプリのインポートや複製のような一部の操作でパフォーマンスの低下が見込まれる場合があります。

大規模展開の場合は、スケーラビリティをテストし、Qlik コンサルティング サービスを利用することをお勧めします。

DMZ の展開

サイト内のノードは、エンジンなしのノードも含めてすべてデータベースとファイル共有へのアクセスが必要です。同期持続性を使用した非武装地帯 (DMZ) の展開に比べて、共有持続性を使用した DMZ の展開では、新たなポートを開くか、代替手法が必要な場合があります。

セントラル ノードとの依存関係

セントラル ノードはサイト内の重要な操作をいくつか担っています。セントラル ノードが障害になった場合、次のようないくつかの操作が実行できなくなります。

  • マスター スケジューラー - リロードの実行
  • ライセンスの配布 - 新規ユーザーによるライセンス取得
  • エクステンション オブジェクト

セントラル ノードへの依存度を低減するため、1 つ以上のノードをフェールオーバー候補として構成することができます。詳細については、「フェールオーバー」を参照してください。