ライセンス

License Enabler File (LEF) で、ライセンスの契約条件およびユーザーに割り当て可能なアクセス タイプを定義します。ライセンス タイプには、ユーザーベースとトークンベースの 2 つがあります。

  • ユーザーベースのライセンス: プロフェッショナル アクセスおよびアナライザー アクセスを割り当てることができます。LEF によって、2 つのアクセス タイプの分布が決まります。
  • トークンベースのライセンス: ユーザー アクセスおよびログイン アクセスを割り当てることができます。LEF により、2 つのアクセス タイプに割り当てることができるトークン数が決まります。

アクセス タイプを使うと、ユーザーは Qlik Sense サイト内のストリームとアプリにアクセスできます。

ユーザーベースのライセンス

ユーザーベースのライセンスは、プロフェッショナル アクセスとアナライザー アクセスの既定数の割り当てを許可します。アクセス タイプの分布は LEF によって決まります。

プロフェッショナル アクセス

識別されたユーザーにプロフェッショナル アクセス権を割り当て、Qlik Sense サイト内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。プロフェッショナル アクセスは、Qlik Sense インストールのすべての機能にアクセスする必要があるユーザーが対象です。プロフェッショナル アクセス権のあるユーザーは、シートまたはアプリを作成、編集、公開でき、使用可能な機能をすべて使うことができます。

アナライザー アクセス

識別されたユーザーにアナライザー アクセス権を割り当て、ハブ内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。アナライザー アクセスは、他のユーザーによって作成されたシートとアプリを使用するユーザーが対象です。アナライザー アクセス権を持つユーザーは、シートやアプリを作成、編集、または公開することはできませんが、アプリ内のデータを基にストーリーを作成できます。

トークンベースのライセンス

ライセンス付与により、組織内の Qlik Sense ソフトウェアの使用を管理することができます。Qlik Sense でのライセンス付与は、ユーザーに Qlik Sense へのアクセス権を付与するアクセス パスを割り当てるために使用するトークンに基づいています。アクセス パスはさまざまなタイプの中から選択することができ、それぞれのタイプが特定の使用モデルに対応します。

  • ユーザー アクセス パス - 識別された一意のユーザーに割り当てられ、割り当てられたユーザーは Qlik Sense アプリを無制限に使用できます。
  • ログイン アクセス パス - 頻度の低いアクセスまたは匿名アクセス用に、一連のパスをグループに割り当てます。限られた期間にフル アクセスを許可します。

アクセス パスのタイプと消費モデルの詳細については、「ライセンスの管理」を参照してください。

注: Qlik SenseQlikView ライセンスを使用することはできません。これは、トークンに QlikView で使用されるクライアント アクセス ライセンス (CAL) との互換性がないためです。

すべての Qlik Sense サイトには、License Enabler File (LEF) が 1 つ以上必要です。このファイルでは、セントラル ノードから管理できる、サイトで使用可能なトークンの数が定義されます。Qlik Management Console (QMC) で正しいシリアル番号とコントロール番号を入力し、[適用] をクリックすると、LEF が自動的にダウンロードされます。ネットワーク接続を使用できない場合は、QMC の [サイト ライセンスのプロパティ] ページの LEF テキスト ボックスに LEF を直接貼り付けることができます。

トークンを追加購入すると、それらのトークンは未割り当てトークンのプールに追加され、それらを使用して Qlik Sense でアクセス パスを割り当てることができます。すべてのトークンを使用した場合は、未割り当てトークンが削除されます。ただし、アクセス パスを削除して解放したトークンは、割り当てたトークンの数が LEF に設定した数を下回るまで、新規割り当てとして使用できません。

LEF の詳細については、「ライセンス認証ファイル」を参照してください。

注: Qlik Cloud Services または Qlik Sense Enterprise for elastic 展開を設定する場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡して、設定に必要な更新された LEF を入手してください。