Operations Monitor

Operations Monitor (オペレーション モニター) はサービス ログをロードし、ハードウェア使用状況、アクティブ ユーザー数、アプリ セッション数、タスク リロードの結果、エラーと警告数のパフォーマンス履歴をグラフ化します。また、Operations Monitor に影響する QMC の変更内容を記録します。

ログ

Operations Monitor を使用すると、システムのパフォーマンスを追跡して、悪影響を与える可能性のあるアクティビティを調査できます。たとえば、リロード タスクやセッションを分析することにより、リロードの再スケジュールやセッションの再配布によって軽減される可能性のある障壁を見つけることができます。または、QMC Change Log シートを使用して、システムのパフォーマンスの変化を説明可能な変化を見直すことができます。

Operations Monitor シート

Operations Monitor シートは、現在のノードにおける Qlik Sense のパフォーマンスを表示します。複数のノードに対して正しく構成した場合 (「マルチ ノード環境の構成」参照) は、すべてのノードについての情報が含まれます。

24-hour Summary ハードウェア使用状況、アクティブ ユーザー数、アクティブ アプリ、過去 24 時間以内の リロード タスク回数が表示されます。
Performance ユーザーはハードウェア使用状況、同時ユーザー数、同時アプリ数を表示する期間を選択できます。
Task Overview タスク リロードの成功/失敗回数、期間に関する統計の概要を選択して表示できます。
Task Planning リロード回数、リロードの CPU 時間、タスクの依存関係についての詳細情報を示します。
Task Details 期間と開始時間と終了時間の実行詳細を含む、個別のアプリ リロードの成功/失敗回数の詳細を表示できます。
Session Overview 選択された期間におけるアプリ、アプリ セッション、アプリ ユーザーに関する概要情報が表示され、どのユーザーがいつどのアプリを使用したかを示します。
Session Details 数値、平均期間、最終セッション日からの経過日数、開始時間と終了時間、セッションが終了した理由、アプリが実行されたクライアントのタイプなどを含む個別のユーザーおよびアプリ セッションについての詳細を表示できます。
Export Overview どのユーザーがどのアプリ オブジェクトをいつエクスポートしたかを示す、アプリやアプリ オブジェクト、アプリ ユーザーについての概要情報を提供します。
Apps Qlik Sense Repository ServiceQRS) に、名前、アプリ オブジェクトの ID、所有者、公開、ストリームを含む、アプリの詳細を提供します。
QMC Change Log システム パフォーマンスからユーザー アクセスまで幅広く影響する QMC での変更 (QMC リソース タイプ、特定の QMC リソース、QMC で実行したアクションのタイプ別の変更を含む) を表示します。
Log Details リロードの時間、結果、エラー メッセージと警告、ログ エントリを含む Operations Monitor のリロードの詳細を表示できます。

Operations Monitor は、次の事項についてのチャートを提供します。

  • サーバー CPU
  • サーバー RAM 使用状況
  • アクティブ ユーザーの数
  • リロード タスク統計および実行詳細
  • エラー・警告数

次の事項も報告します。

  • 指定期間の平均および最大 RAM 使用率
  • 指定期間の平均および最大 CPU 使用率
  • 指定期間のアクティブ ユーザーの平均および最大数
  • 指定期間のアクティブ セッションの平均および最大数
  • エラー・警告数
  • 警告・エラーのエントリー
  • リロード回数および平均・最長時間
  • リロード失敗回数
  • リロード タスク実行詳細
注: Operations Monitor のデータはアプリがリロードされる際に更新されます。データはリアルタイムで更新されていません。