監視アプリの構成

Qlik Sense のインストールでは必ず、監視アプリをある程度構成する必要があります。

シングル ノード環境の構成

次の手順を実行します。

  1. C:\ProgramData\Qlik\SenseQlik Sense の共有フォルダーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) へのパスで置き換えてデータ接続 ArchivedLogFolder を更新します: \\<FQDN>\<QlikShare>\ArchivedLogs

  2. 接続文字列 URL および trustedLocation パラメーターに含まれる localhost を、リポジトリが存在するノードの FQDN で置き換え、monitor_apps_REST_ データ接続を更新します。

  3. 仮想プロキシにプレフィックスが付いている場合、monitor_apps_REST_ データ接続を更新して付加されたプレフィックスを含める必要があります。

    参照先: プレフィックス付きの既定の仮想プロキシ

注: Operations Monitor および License Monitor にあるデータはライブではなく、アプリのリロードの際に更新されます。リロード頻度はタスクのトリガーを編集して変更できます。

マルチ ノード環境の構成

次の手順を実行します。

  1. C:\ProgramData\Qlik\SenseQlik Sense の共有フォルダーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) へのパスで置き換えてデータ接続 ArchivedLogFolder を更新します: \\<FQDN>\<QlikShare>\ArchivedLogs

  2. C:\ProgramData\Qlik\Sense\Log をセントラル ノードの FQDN パスである \\<FQDN>\<UNC_Share>\Log に置き換えて、データ接続 ServerLogFolder を更新します 。

  3. 接続文字列 URL および trustedLocation パラメーターに含まれる localhost を、セントラル Qlik Sense repository サービス実行中のノードの FQDN で置き換えて、monitor_apps_REST_ データ接続を更新します。

  4. 仮想プロキシにプレフィックスが付いている場合、monitor_apps_REST_ データ接続を更新して付加されたプレフィックスを含める必要があります。

    参照先: プレフィックス付きの既定の仮想プロキシ

  5. 集中ログを使用する場合、接続文字列 URL の localhost を、集中ログ データベースが存在するマシンの FQDN に置き換えて QLogs データ接続を更新する必要があります。

    注: 集中ログ データベースは、有効化されている場合もされていない場合もあり、Qlik Sense Repository Database と同じ PostgreSQL データベースである場合もない場合もあります。
  6. すべての RIM ノード上の Qlik Sense ログ フォルダーを共有します。

  7. リム ノードごとに Log フォルダーへの新しいデータ接続を追加します。これは、アプリを開き、データ ロード エディターにアクセスし、新しいデータ接続を作成することによって達成できます。RIM ノードが 5 つある場合は、データ接続を 5 つ作成する必要があります。

    例えば、RIM1 のデータ接続はフォルダー \\rim_node_1\<UNC_Share>\Log をポイントし、RIM1 と呼ばれます。

  8. QMC で新しいデータ接続の名前を変更して、データ接続名に付加されている (ユーザー名) を削除します。例:RIM1 (user_183)RIM1 に変更されます。

  9. ステップ 7 と 8 で作成した新しいデータ接続すべての名前を追加して、セクション logFolderList 行 5 の Operations Monitor のロード スクリプトを更新します。

    次の手順を実行します。

    1. Operations Monitor アプリを QMC に複製します。

    2. Qlik Sense ハブで複製されたアプリを開きます。

    3. ロード スクリプトの編集: 新しいデータ接続のそれぞれの名前は、一重引用符 (') で囲み、コンマで区切る必要があります。

      例:'ServerLogFolder'、'RIM1'、'RIM2' 内の各ノードに関して

    4. アプリを保存します。

    5. 重複したアプリを Monitoring apps ストリームに公開し、[既存アプリの上書き] を選択して既存 Operations Monitor アプリを置き換えます。

  10. License Monitor のステップ 9 を実行します。

注: セントラル ノードがリロード ノードでないときに問題が発生する場合は、マルチノード環境でリロードに失敗する監視アプリ を参照してください。

プレフィックス付きの既定の仮想プロキシ

既定の仮想プロキシがプレフィックスを使用する場合に Operations MonitorLicense Monitor が正しくリロードできるためには、プレフィックスを手動で qrs データ接続に追加する必要があります。デフォルトの URL は、https://<FQDN>/qrs/app/full で、FQDN はリポジトリが存在するノードを指します。仮想プロキシのプレフィックスが、「qlik」の場合は、URL は https://<FQDN>/qlik/qrs/app/full となります。

次のデータ接続を更新する必要があります。

  • monitor_apps_REST_app
  • monitor_apps_REST_appobject
  • monitor_apps_REST_event
  • monitor_apps_REST_license_access
  • monitor_apps_REST_license_login
  • monitor_apps_REST_task
  • monitor_apps_REST_user
  • monitor_apps_REST_license_user

新しい監視アプリ、Log MonitorReloads Monitor、および Sessions Monitor のインポート

新しい 3 つの監視アプリ、Log MonitorReloads Monitor、および Sessions Monitor は、QMC の既定のアプリではありません。これらのアプリが QMC に表示されるようにするにはインポートが必要です。

次の手順を実行します。

  1. QMC のスタート ページで、[アプリ] を開きます。

  2. 操作バーの [P インポート] をクリックします。

  3. [ファイルを選択] をクリックし、%ProgramData%\Qlik\Sense\Repository\DefaultApps\ に移動します。

  4. に移動します。インポートするアプリを選択し、[インポート] をクリックします。

    アプリがインポートされ、監視アプリ のストリームに公開できるようになります。

  5. 残りのアプリについて手順 2~4 を繰り返します。

アプリのカスタマイズ

特定の環境で有効な場合には、ビジュアライゼーションによって監視アプリの機能を拡張することが可能です。監視アプリには、使用する軸とメジャーを示すアセット パネルが備わっています。この軸とメジャーを使用して、アプリに追加できるカスタマイズされたビジュアライゼーションを、別個のシート上に作成できます。

アセット パネルには、アプリのどのシートでも使用されないものの、特定の環境では有用な追加のビジュアライゼーションも表示されます。

Operations Monitorアセット パネル

License Monitorアセット パネル