QMC の起動

Qlik Management Console (QMC) にログインすると、新規セッションが開始します。以下のいずれかの状態からスタートできます。

  • 以前のセッションのインターネット ブラウザがまだ開いている場合は、ページの中央に [ログイン] ダイアログがあるはずです。[ログイン] ボタンをクリックして新しいセッションをスタートしてください。
  • または、[スタート] メニューのQlik Senseプログラム グループからQMCを起動するか、インターネット ブラウザのアドレス フィールドにQMCのアドレスを入力します。

    • QMCのアドレスは、デフォルトでhttps://<QPS server name>/qmcです.
    • プロキシのプロパティ [Allow HTTP] を選択する場合、暗号化されていない通信が許可されます。 つまり、https (セキュアな通信) と http (暗号化されていない通信) の両方が許可されます。その後、QMC アドレスは https://<QPS server name>:Service listen port HTTP/qmc になります(ここで、httpshttp で置換できます)。
    注: ユーザー名とパスワードを入力するよう指示されます。
注: Windows 以外では、ブラウザにログイン ウィンドウが開きます。[ユーザー名] は、DOMAIN\user の形式で入力する必要があります。

QMC は [スタート] ページで開きます。

インストール後、初めて QMC を起動する場合

Qlik Senseのインストール後、初めてQMCにアクセスするときには、ライセンスをアクティブ化する必要があります。

次の手順を実行します。

  1. インターネット ブラウザのアドレス フィールドに QMC のアドレスを入力します。

    QMC が [サイト ライセンス] ページで開きます。

    注: ユーザー名とパスワードを入力するよう指示されます。
  2. ライセンスをアクティブにします。

    これにより、Qlik Senseサイトのルート管理者になり、RootAdmin ロールが割り当てられます。

    License Enabler File (LEF) で、ライセンスの契約条件およびユーザーに割り当て可能なアクセス タイプを定義します。ライセンス タイプには、ユーザーベースとトークンベースの 2 つがあります。

    • ユーザーベースのライセンス: プロフェッショナル アクセスおよびアナライザー アクセスを割り当てることができます。LEF によって、2 つのアクセス タイプの分布が決まります。
    • トークンベースのライセンス: ユーザー アクセスおよびログイン アクセスを割り当てることができます。LEF により、2 つのアクセス タイプに割り当てることができるトークン数が決まります。

    アクセス タイプを使うと、ユーザーは Qlik Sense サイト内のストリームとアプリにアクセスできます。

    注: Qlik Cloud Services または Qlik Sense Enterprise for elastic 展開を設定する場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡して、設定に必要な更新された LEF を入手してください。

これで最初の QMC セッションが開始されました。次に、ユーザー アクセスまたはプロフェッショナル アクセスを自分自身に割り当てます。

ユーザー アクセスの管理

プロフェッショナル アクセスの管理