ユーザー タイプを使用してユーザーにアクセス権を提供する

管理者ロールはQMCへのアクセス権を定義するために使用されますが、Qlik Senseのユーザーのユーザー タイプを定義できます。ユーザー タイプは、次のいずれか、または両方のプロパティ値の条件と一緒にセキュリティ ルール エディタを使用して定義します。

  • ユーザーのプロパティ
  • カスタム プロパティ

ロールを作成したいユーザー タイプに完全に対応する既存の Active Directory (AD) グループがある場合は、そのグループの条件を定義して、セキュリティ ルールに適切な名前を付けることができます。たとえば、開発者と呼ばれる AD グループがあれば、適切なセキュリティ ルールを提供する「開発者」と呼ばれるセキュリティ ルールを作成できます。また、ユーザー ロールと呼ばれるカスタム プロパティを作成して、開発者テスト担当者貢献者消費者といった値を与えることもできます。その後、カスタム プロパティをユーザーに適用してから、適切なセキュリティ ルールをカスタム プロパティ値に適用します。

セキュリティ ルールの例: ユーザー タイプ別 Qlik Sense アクセス権の適用