アプリの管理

適切なアクセス権限がある場合は、Qlik Sense ハブからアプリを作成し、ストリームに公開することができます。アプリは、QMC から公開することもできます。 インストールされている Qlik Sense Desktop で作成されるアプリを公開するには、まずそのアプリを QMC からインポートする必要があります。 アプリ、ストリーム、ユーザーに適用されるセキュリティ ルールによって、コンテンツにアクセスできるユーザーおよびそのユーザーが実行できる内容が決まります。アプリは公開後ロックされます。サーバー デプロイメントの Qlik Sense ハブを介してコンテンツを公開済みのアプリに追加することは可能ですが、オリジナルのアプリで公開されたコンテンツは編集できません。 アプリを Qlik Sense Enterprise for elastic 展開または Qlik Cloud Services に公開するには、最初に配布ポリシーを作成する必要があります。「配布ポリシー - はじめに」を参照してください。

警告: Qlik Cloud Services ではアプリの拡張機能に対応していません。拡張機能を持つアプリを Qlik Cloud Services 展開に公開した場合、そこでは拡張機能は使用できません。

公開できるのは、未公開のアプリのみです

  • アプリを複数のストリームに公開するには、最初にアプリの複製を作成する必要があります。
  • アプリを再公開するには、公開済みアプリの複製を作成し、その複製を編集して公開します。 公開済みアプリを置換するには、[Replace existing] オプションを使用します。 。

ハブからアプリを公開すると、所有者の [作業] フォルダー内のアプリにストリーム アイコンが取得され、公開済みであることを示します。アプリを再発行するには、まず公開済みのアプリの複製を作成する必要があります。

注: アプリへの作成アクセス権限と読み取りアクセス権限があり、QMC の [アプリ] セクションへの読み取りアクセス権限がある場合、アプリを複製できます。ただし、セキュリティ上の理由で、スクリプトを複製できるのは、スクリプトの読み取り権限も持っている場合のみです。スクリプトにアクセスするとセクション アクセスを編集または削除でき、その結果、アクセスできてはならないデータをロードできます。

Qlik Sense のローカル インストールで作成されたアプリをインポートするとき、アプリが作成された環境とサーバー環境との間でデータ接続ストレージが異なる場合があります。保存スペースが異なる場合、サーバー環境に合わせるためにデータ接続プロパティの [名前] および [接続ストリング] を更新する必要があります。アプリを公開する前に、ハブ内の自身の [作業] セクションでアプリを確認してください。

注: インポートされるアプリのデータ接続名が、既存のデータ接続の名前と同じ場合、データ接続はインポートされません。つまり、インポートされたアプリは、インポートされたアプリのデータ接続ではなく、同一名のすでに存在するデータ接続を使用します。

ワークフロー:Qlik Sense Desktop インストールで開発されたアプリ

以下に、Qlik Sense Desktop インストールのハブから作成されたアプリをインポートし、Qlik Sense インストールの QMC を使用してそのアプリを公開する場合のワークフローを示します。

ワークフロー: サーバー展開の Qlik Sense で開発されたアプリ

次のワークフローは、Qlik Sense のインストールで QMC からアプリを公開する場合のフローを示しています。