プロキシの編集

更新権限を有するプロキシを編集できます。

注: セキュリティ上の理由で、既定の仮想プロキシの一部の設定は編集できません。
  1. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [プロキシ] を選択して、概要を表示します。

  2. 編集するプロキシを選択します。

  3. アクション バーで [編集] をクリックします。

  4. プロパティを編集します。

    [適用] をクリックして変更を保存します。必須の項目が空欄の場合、[Apply] は無効になります。
  5. [Associated items] でフィールドを編集します。
  6. アクション バーで [適用] をクリックし、変更内容を保存します。

    注: ほとんどの場合、変更内容を適用するときにプロキシを再起動する必要があります。このプロキシでハンドルされているセッションが終了し、ユーザーはログアウトされます。次のリソースを変更すると、プロキシは自動的に再起動しません。タグ、カスタム プロパティ、ログ (監査アクティビティ ログ レベル、監査セキュリティ ログ レベル、サービス ログ レベル)、トレース (監査ログ レベル、パフォーマンス ログ レベル、セキュリティ ログ レベル、システム ログ レベル)。

    ページの最下部に [更新完了] と表示されます。