ビジュアライゼーションの使い分け

優れたビジュアライゼーションは、多くの値の間の関係をわかりやすく表現し、ひと目でデータの分析を可能にします。Qlik Sense は幅広いビジュアライゼーションとチャートを備えています。チャートはそれぞれ、目的も方法も異なりますが、データの視覚化に優れています。チャートは、チャートのデータから何を読み取りたいかを判断して選択します。

使用するビジュアライゼーションが分からない場合は、Qlik Sense で推奨を得ることができます。詳しくは「 インサイト アドバイザーを使用した、データからのビジュアライゼーションの作成」と「 チャート推奨を使用したビジュアライゼーションの作成」を参照してください。

次に、データを表示する目的、およびその目的を達成するために推奨されているチャートの種類の一覧を示します:

比較の表示

比較チャートを使用して、値を相互に比較します。このチャートは、カテゴリ間の違いや時系列での値の変化など、値の違いを示します。

チャートの比較から、次のような質問への回答が得られます。

  • 今年、総売上高が最も高かったのはどの製品か。
  • 直近の 24 か月での製品の販売量の推移はどうだったか。
比較を表示するチャートの種類
チャートの種類 共通の目的
棒グラフ 同じメジャーに対するカテゴリの比較
折れ線グラフ 時間の経過に伴う動向の比較
コンボ チャート スケールの異なるメジャーの比較

関係の表示

関係チャートを使用して、値の相互の関係を調査します。関係チャートを使用すると、データの相互関係、外れ値、データのクラスターを知ることができます。

関係チャートでは、次のような質問への回答が得られます。

  • 広告費と製品の販売量には相互関係があるか。
  • 地域ごとの損益の違いはどうか。
関係を表示するチャートの種類
チャートの種類 共通の目的
散布図 軸に対する 2 つまたは 3 つのメジャーの関係の表示

構成の表示

構成チャートは合計値を取得し、合計値の構成内訳を示します。構成チャートは、合計値の現在の構成を示す静的なものとすることも、時系列での合計値の構成の変化を示すようにすることもできます。構成チャートは、合計値のパーセンテージまたは合計値内の固定値によって構成内訳を表示できます。

構成チャートでは、次のような質問への回答が得られます。

  • 総売上高の何パーセントがどの領域のものか。
  • 各部門での過去 1 年の四半期の総予算の割り当てはどうか。
構成を表示するチャートの種類
チャートの種類 共通の目的
棒グラフ 短期間での値の構成変化の表示
折れ線グラフ 長期間での値の構成変化の表示
円グラフ 値の静的構成の表示
ウォーターフォール グラフ 合計に対する累積または減算を含めた値の静的構成の表示
ツリーマップ 合計に対する値の累積の静的構成の表示

分布の表示

分布チャートは、データ内の値がどのようにグループ化されるかを調べるのに使用します。分布チャートは、データの形状、値の範囲、発生しうる外れ値を表示します。

分布チャートでは、次のような質問への回答が得られます。 

  • 年齢グループごとの顧客の人数はどうか。
  • サービスの利用状況が最も高い都市はどこか。
分布を表示するチャートの種類
チャートの種類 共通の目的
ヒストグラム 時間間隔をまたいだデータ分布の表示
散布図 2 つのメジャーの分布の表示
分布プロット 軸のメジャー値の分布の表示
ボックス プロット 数値データの範囲と分布の表示

パフォーマンスの表示

パフォーマンス チャートでは、パフォーマンス メジャーの概要が確認できます。ユーザーはパフォーマンス チャートを見て、結果が予想通りであるかどうかとメジャー値をすばやく確認することができます。

パフォーマンス チャートでは、次のような質問への回答が得られます。

  • この四半期の総売上高はどうか。
  • この四半期の総売上高はその四半期の売上予想どおりか。
パフォーマンスを表示するチャートの種類
チャートの種類 共通の目的
ゲージ そのパフォーマンスを瞬時に理解するためのパフォーマンス値の表示
KPI 1 つまたは 2 つのパフォーマンス メジャーの表示
テキストと画像 テキストまたは画像付きの複数のメジャーの表示

データの表示

データ チャートには、データのビジュアライゼーションではなく、詳細データが表示されます。データ チャートは正確な値を表示する必要がある場合、個々の値を比較したい場合に有効です。

データ チャートでは、次のような質問への回答が得られます。

  • 今月の各取引の記録はどうか。
  • 各顧客に対する製品グループごとの各アイテムの数量と売上高はどうか。
データを表示するチャートの種類
チャートの種類 共通の目的
テーブル 動向やパターンなしでの、データからの正確な値の表示
ピボット テーブル いくつかの軸およびメジャーに対する正確な値の表示

地域の表示

地理チャートは、マップ上にデータを地点またはエリアとして表示し、地域別にデータを視覚化することができます。

地理チャートでは、次のような質問への回答が得られます。

  • サービスの利用状況が最も高い都市はどこか。
  • 顧客の最も多い国はどこか。
地域を表示するチャートの種類
チャートの種類 共通の目的
マップ 地点またはエリアごとにデータを地域別に表示

目的に合った標準のチャートが存在しない場合

データを可視化するために提供されている標準のチャートの中に、要件に適したチャートが存在しない場合は、カスタム ビジュアライゼーション オブジェクトを作成できます。

詳細については、「カスタム オブジェクトを使用したビジュアライゼーションの作成」を参照してください。