インサイト アドバイザーを使用した、データからのビジュアライゼーションの作成

アプリ データに含まれている情報を正確に把握していない場合や、Qlik Sense でのビジュアライゼーションの作成に慣れていない場合、どのビジュアライゼーションでどの項目を使用するかを判断するのが難しい場合があります。インサイト アドバイザーは、データの探索とシート用のビジュアライゼーションの作成の両方のエントリ ポイントを提供します。Qlik の Cognitive Engine を使用し、Qlik Sense にロードしたすべてのデータに基づいてチャートが推奨されます。そのため、推奨されたチャートをシートに追加できます。

インサイト アドバイザーでは、Qlik Cognitive Engine を使用し、選択した項目とマスター アイテムに基づいてビジュアライゼーションが作成されます。データセットを全体として分析し、一連のビジュアライゼーションを自動的に作成することもできます。データ ソースからデータをインポートすると、新しいインサイト チャートとシートの既存のビジュアライゼーションを含め、インサイト アドバイザーによって検索条件に最も一致するビジュアライゼーションが表示されます。データの追加、関連付け、テーブルの編集、項目の分類を行ってアプリ内のデータを変更すると、インサイト アドバイザーによって生成されたインサイト チャートが変化する場合があります。

インサイト チャートは、既存のシートまたは アプリの新しいシートに追加できます。シートに追加された インサイト チャートは画像、PDF、またはチャートに使用されているデータが含まれた Excel スプレッドシートとしてダウンロードできます。

注:

インサイト アドバイザーは、マルチクラウド環境からは使用できません。

インサイト チャートはシート内のビジュアライゼーションと同じように操作および探索できます。チャートを選択すると、チャートが展開されて操作できるようになります。インサイト チャートで行った選択は、他のインサイト チャートを探索するときに、そのインサイト チャートにも同じく適用することができます。シート内の既存のチャートで何らかの選択を行った場合、その選択は、インサイト アドバイザーを開いたときにも保持されています。インサイト アドバイザーで作成されるチャートに選択が影響することはありません。ビジュアライゼーションの探索およびどのように選択するかについては、「探索」を参照してください。

インサイト アドバイザーはキーボード ナビゲーションに対応しています。詳細については、「Qlik Sense のキーボード ナビゲーションとショートカット」を参照してください。

検索時の動作

検索クエリを入力すると、Qlik Sense では明示的に選択された項目を使用して、ビジュアライゼーションを戻します。Qlik Sense では、検索されている項目および検索されている値を含む項目を使用します。ビジュアライゼーションへの追加項目が含まれている場合もあります。

インサイト アドバイザーでは以下を検索できます。

  • 項目名
  • 項目値
  • マスター アイテム
注: アプリが公開された場合、マスター アイテムのみ検索できます。
アプリ内のインサイト アドバイザー。

Insight advisor in an app.

A: 項目とマスター アイテム

インサイト チャートの作成に使用可能なアセット (項目およびマスター アイテム)。H では項目に、é ではマスター アイテムにアクセスできます。

B: インサイト検索フィールド

未公開アプリで、項目名または値、およびこれらの項目を使用するチャートを検索するためのマスター アイテム名を入力します。公開済みアプリで、マスター アイテム名を入力します。アセットから選択された項目またはマスター アイテムがインサイト検索フィールドに追加されます。

C: インサイト チャート

インサイト アドバイザーで作成されたインサイト チャート。インサイト アドバイザーでは、結果の数と見つかった結果の内訳、シート内の既存のチャート、またはインサイト アドバイザーによって新たに生成されたチャートが表示されます。

] をクリックすると、チャートに関する情報 (検索されたチャート/生成されチャートの区別など) を確認できます。 をクリックすると、インサイト チャートを画像、PDF、またはスプレッドシートとしてダウンロードできます。チャートを選択するか s をクリックすると、チャートを展開できます。

新規のインサイト チャートは、シートに追加できます。既存のインサイト チャートの場合、チャートの下部にあるシート名をクリックすると、そのページに移動できます。

インサイト アドバイザーを使用したビジュアライゼーションの作成

注:

インサイト アドバイザーからシートに追加したチャートは、アプリが最新情報に更新されるまでは、「生成された」チャートとして表示されます。

次の手順を実行します。

  1. アプリのシートで、[Insights] (インサイト) をクリックします。
  2. データの分析に基づいてチャートを生成するには、[Generate insights] (インサイトを生成) をクリックします。

  3. 特定のデータに基づいてチャートを生成するには、使用する項目およびマスター アイテムを選択します。

    使用可能なアセットのリストからデータを選択するか、検索フィールドを使用してアセットを名前で検索します。

  4. アプリにインサイト チャートを追加するには、次のいずれかを行います。

    • 現在のシートにチャートを追加するには、[Add to sheet] (シートに追加) をクリックします。
    • 特定のシートにチャートを追加するには、S をクリックしてシートを選択します。
    • 新しいシートにチャートを追加するには、S をクリックして [シートの新規作成] を選択します。

インサイト チャートのダウンロード

インサイト チャートは画像または PDF としてダウンロードできます。チャートに使用されているデータは Excel スプレッドシートとしてもダウンロードできます。

画像としてのインサイト チャートのダウンロード

次の手順を実行します。

  1. ダウンロードするインサイト チャートで、 をクリックして [画像としてエクスポート] を選択します。

    ダイアログ [画像設定] が表示されます。

  2. [現在] オプションを保持するか、[カスタム] オプションを使用して変更します。
    • [現在] を選択すると、元のチャートの幅と高さ、画面の解像度が dpi で表示されます。 [ファイル タイプ] ドロップダウン メニューを使用して、.png.jpeg から出力形式を選択できます。
    • [カスタム] をクリックすると、エクスポートした画像の寸法と解像度をカスタマイズできます。

      新たな画像の幅や高さを設定するには、[+] または [-] をクリックして幅や高さを調整します。正確な値を入力することもできます。最小値は 8 ピクセル、最大値は 2,000 ピクセルです。

      注: エクスポートできる画像の最大サイズは 縦 2,000 x 横 2,000 ピクセルです。これより大きい画像をエクスポートする場合は、[カスタム] でサイズを縮小する必要があります。
      注: 縦横比を維持するには、それに応じて [幅 (ピクセル)] と [高さ (ピクセル)] を変更する必要があります。

      新たな画像の解像度を設定するには、[解像度 (ドット/インチ)] の両端にある [+] または [-] をクリックして、解像度を調整します。正確な値を入力することもできます。最小値は 72 dpi、最大値は 300 dpi です。

  3. [エクスポート] をクリックし、画像の作成を開始します。

PDF 形式でのインサイト チャートのダウンロード

次の手順を実行します。

  1. ダウンロードするインサイト チャートで をクリックし、[PDF としてエクスポート] を選択します。

    [PDF 設定] ダイアログが表示されます。

  2. 関連のドロップダウン メニューをスクロールし、選択した値をクリックして、[用紙サイズ] を選択します。
  3. [+] または [-] をクリックすることにより、[解像度 (ドット/インチ)] を増減できます。正確な値を入力することもできます。最小値は 72 dpi、最大値は 300 dpi です。
  4. [] または [] ボタンを選択して [方向] を指定します。
  5. [縦横比のオプション] で、次のように選択できます。
    • [現在のサイズを保持] では、ビジュアライゼーションはサイズ変更なしに PDF に挿入されます。PDF がビジュアライゼーションより小さい場合はトリミングされます。
    • [縦横比を変更してページに合わせる] では、ビジュアライゼーションの高さおよび幅がページ全体に広がるように変更されます。縦横比は適宜変更されます。
  6. [エクスポート] をクリックし、画像の作成を開始します。

Excel スプレッドシートとしての、インサイト チャートのデータのダウンロード

次の手順を実行します。

  1. ダウンロードするインサイト チャートで をクリックし、[データのエクスポート] を選択します。

    [エクスポート完了] ダイアログが表示されます。

  2. リンクをクリックし、Excel スプレッドシートをダウンロードします。