カスタム オブジェクトを使用したビジュアライゼーションの作成

カスタム オブジェクトを使用して、アプリを拡張することができます。使用できるカスタム オブジェクトはビジュアライゼーション拡張とウィジェットです。それらの要素は、シートを編集する場合、アセット パネルのg カスタム オブジェクトの下にあります。

Dev Hub では、独自のビジュアライゼーション拡張とウィジェットを構築します。

シートへのカスタム オブジェクトの追加

ビジュアライゼーション拡張またはウィジェットをシートにドラッグして、ビジュアライゼーションの作成を開始します。

次の手順を実行します。

  1. ツール バーで [@編集] をクリックします。

  2. 左側のパネルにある g をクリックして、カスタム オブジェクトを展開します。
  3. ビジュアライゼーション拡張またはウィジェットを、シートにドラッグします。

    シートをドロップする際は、シート上の空の場所にドロップするか、既存のビジュアライゼーションの領域を 2 つに分割するか、既存のビジュアライゼーションを置き換えます。

    ヒント: カスタム オブジェクトをダブルクリックすると、即座にシートに追加されます。
  4. プロパティ パネルで、カスタム オブジェクトの必須設定を変更します。必須設定は拡張開発者によって定義されており、軸、メジャーおよびその他の設定がこれに該当します。

これでビジュアライゼーションが完成し、アプリを使ってデータを検索することができます。