PurgeChar - スクリプトおよびチャート関数

PurgeChar() は、2 番目の引数 ('remove_chars') に表示されるものを除き、入力文字列 ('text') に含まれる文字で構成される文字列を返します。

Syntax:  

PurgeChar(text, remove_chars)

Return data type: string

Arguments:  

引数 説明
text 元の文字列。
remove_chars text で削除される文字を含む文字列。

Return data type: string