統計検定関数

このセクションでは、統計検定の関数について説明します。この関数は次の 3 つのカテゴリに分類されます。関数は、データ ロード スクリプトとチャート式の両方で使用できますが、構文が異なります。

カイ二乗検定関数

通常は質的変数の調査に使用します。一元度数表で観測度数と期待度数を比較したり、分割表で 2 つの変数の関係を調べることができます。

t 検定関数

t 検定関数は、2 つの母平均の統計学的検討に使用されます。2 サンプル t 検定は、2 つの標本が異なるものかどうかを調べます。これは、一般に、2 つの正規分布の分散が不明であり、かつ実験で小さな標本サイズが使用される場合に使用されます。

z 検定関数

2 つの母平均の統計学的検討を行います。2 サンプル z 検定は、2 つの標本が異なるものかどうかを調べます。これは、一般に、2 つの正規分布の分散が既知であり、かつ実験で大きな標本サイズが使用される場合に使用されます。