データベースからのデータのロード

次のコネクターを通じて、商用データベース システムから Qlik Sense にデータをロードすることができます。

  • Microsoft ODBC インターフェースまたは OLE DB を使用するコネクター。ODBC を使用するには、DBMS に対応したドライバーをインストールし、Windows の [コントロール パネル] の [ODBC データ ソース アドミニストレーター] でデータベースをMicrosoft ODBC データ ソースとして構成する必要があります。
  • ライセンス付き ODBC ドライバーを介して、DSN 接続なしでデータベースからデータを直接ロードするために特別に開発されたコネクター。

    詳しくは、「Qlik Connectors: Database (英語のみ)」を参照してください。

ODBC データベースからのデータのロード

データベースからデータをロードする方法は、2 種類あります。

Qlik のライセンス付き ODBC ドライバーのいずれかを介してデータベースに直接接続するには、Qlik コネクターのヘルプ サイトで Database コネクターに関する説明を参照してください。

詳しくは、「Qlik Connectors: Database (英語のみ)」を参照してください。

Qlikのライセンス付き ODBC ドライバーは、次のデータベースをサポートしています。

  • Amazon Redshift
  • Apache Drill (Beta)
  • Apache Hive
  • Apache Phoenix (Beta)
  • Apache Spark (Beta)
  • Azure SQL
  • Cloudera Impala
  • Google BigQuery
  • IBM DB2
  • Microsoft SQL Server
  • MongoDB (Beta)
  • MySQL Enterprise
  • Oracle
  • PostgreSQL
  • Presto
  • Sybase ASE
  • Teradata

Microsoft ODBC インターフェースを使用するには、次の手順に従います。

  1. アクセスしたいデータベースに対応する ODBC データ ソースが必要です。これは、Windows [コントロール パネル] の [ODBC データ ソース アドミニストレータ] で構成されます。データ ソースがない場合は追加して、例えば Microsoft Access データベースを指すように構成する必要があります。
  2. データ ロード エディターを開きます。
  3. [ODBC] データ接続を作成し、ステップ 1 の ODBC 接続を指すようにします。
  4. データ接続の ± をクリックして、データ選択ダイアログを開きます。

これでデータベースからデータを選択し、データのロードに必要なスクリプト コードを挿入できます。