OLE DB

Qlik Sense は、外部データ ソース向けの OLE DB (Object Linking and Embedding, Database) インタフェース接続をサポートしています。OLE DB 経由で、多数の外部データベースにアクセスすることができます。

OLE DB データ接続の設定

OLE DB データ接続の設定
UI 項目 説明
[プロバイダ]

利用可能なプロバイダのリストから [プロバイダ] を選択します。新規接続の作成時にのみ利用できます。

[データ ソース]

接続する [データ ソース] の名前を入力します。通常はサーバー名、または一部のケースではデータベース ファイルへのパスを入力しますが、これはどの OLE DB プロバイダーを使用しているかにより異なります。新規接続の作成時にのみ利用できます。

Example:  

Microsoft Office 12.0 Access Database Engine OLE DB Providerを選択した場合、完全なファイル パスを含むAccessデータベース ファイルの名前を入力します。

C:\Users\{user}\Documents\Qlik\Sense\Apps\Tutorial source files\Sales.accdb

警告: データ ソースへの接続に失敗した場合、警告メッセージが表示されます。
[接続文字列] データ ソースへの接続時に使用する接続文字列。この文字列には、[プロバイダ] と [データ ソース] への参照が含まれます。接続の編集時にのみ利用できます。
[Windows の統合セキュリティ] このオプションでは、Qlik Sense サービスを実行しているユーザーの既存のWindows資格情報を使用します。
[特定のユーザー名とパスワード] このオプションでは、データ ソースのログイン資格情報として、[ユーザー名] と [パスワード] が必要です。
[ユーザー名]

データ ソースで必要な場合、接続するためのユーザー名。

[Windows 統合セキュリティ] を使用する、またはデータ ソースで資格情報が必要ない場合、この項目には何も入力しないでください。

[パスワード]

データ ソースで必要な場合、接続するためのパスワード。

[Windows 統合セキュリティ] を使用する、またはデータ ソースで資格情報が必要ない場合、この項目には何も入力しないでください。

[ロード]

[データベースを選択...]

接続をテストするには、[ロード]、[データベースを選択...] の順にクリックし、データ接続の確立に使用するデータベースを指定します。

注: データ接続からデータを選択する場合でも、データ ソースの利用可能なその他すべてのデータベースを引き続き使用できます。
[名前] データ接続の名前。

OLE DB データ接続ベースでファイルに接続する場合のセキュリティ面

ファイル ベースのドライバを使用した OLE DB データ接続では、接続文字列に接続済みデータ ファイルへのパスが表示されます。このパスは、接続の編集時にデータ選択ダイアログまたは特定の SQL クエリに表示されます。

問題がある場合、可能な際にはフォルダデータ接続を使用してデータ ファイルに接続することが推奨されます。